士業と経営者のネットワーク 一般社団法人 法律・税金・経営を学ぶ会

勉強会

HOME勉強会相続オールマスター講座26期生第1回「特定居住用宅地等を徹底解説」
4月 3日 (水) 開催  相続オールマスター講座

相続オールマスター講座26期生第1回「特定居住用宅地等を徹底解説」

講師| 柴田 健次氏(本会相談役)

作成日:2024年 1月 22日 (月)

難しい小規模宅地等の特例 特定居住用宅地に重点を置いて解説いたします。

内 容

老人ホームに入居していた場合

数千万から数億円にのぼる損害賠償となる小規模宅地等の特例

1階は適用できるが5階は適用できないケース

二世帯住宅の場合

難しい特定居住用宅地等を事例を用いて徹底解説

特定居住用宅地等の要件

特例の適用要件

取得者

取得者等ごとの要件

被相続人の居住の用に供されていた宅地等

被相続人の居住の用に供されていた一棟の建物に居住していた親族

経過措置

被相続人と生計を一にしていた被相続人の親族の居住の用に供されていた宅地等

被相続人と生計を一にしていた親族

相続開始前から相続税の申告期限まで引き続きその家屋に居住し、かつ、その宅地等を相続税の申告期限まで有しているとは?

「特定居住用宅地等」各特例ごとの重要論点

国外財産は適用になるか?

信託財産は適用になるか?

物納財産は適用になるか?

持ち分均一法の考え方

優先適用法で使える面積

優先適用法がダメなケース

居住用部分を優先できるか?

間違えてしまった場合 選択替え 特定居住用の方が有利になるケース 更正の請求ができるか?

小規模宅地特例の判断によって相続税は大幅に下がる

小規模宅地特例が適用できない場合

※本会より3時間東京税理士会に申請をいたします。

講師講演DVD

 

- Live配信受講可 - 相続オールマスター講座26期生第1回「特定居住用宅地等を徹底解説」

勉強会データ

相続オールマスター講座 相続オールマスター講座26期生第1回「特定居住用宅地等を徹底解説」

録音禁止とさせていただきます

開催日
2024年 4月 3日 (水)  - LIVE配信受講可 -
受付 12時50分 ~ 、 時間 13時00分 ~ 16時00分
講師
 柴田 健次氏(本会相談役)
場所
柴田健次税理士事務所 神田駅歩4分
定員
会場3名 (事前決済順) オンライン受講100名
参加費

「法律・税金・経営を学ぶ会」会員様限定:22,000円
動画会員:テキスト送料
プラチナ会員:3名無料
テキスト 4,950円
一般の方はご入会手続きをお願い申し上げます。
送 料:370円
会員様は27日に口座振替です。
会場受講の方は送料不要です。

申込期限
3月27日(会員様限定)
・申込人数が定員に達しました場合は、キャンセル待ちでお受けします。
・地図と受講票はお申込いただいた方に1週間前にメールでお送りいたします。
その他
・申込後に欠席される場合は事務局までご連絡下さい。
・口座振替手続き後、お振込後の欠席ご連絡は、返金・振替が出来かねますので、当日の資料をお送りさせていただきます。法人会員様は職員様の代理の参加が可能です。

お申込みフォーム

- Live配信受講可 - 相続オールマスター講座26期生第1回「特定居住用宅地等を徹底解説」

totop

Copyright c 2024 一般社団法人 法律・税金・経営を学ぶ会 All Rights Reserved.