士業と経営者のネットワーク 一般社団法人 法律・税金・経営を学ぶ会

勉強会

HOME勉強会路線価評価か?時価評価か?評価通達6項を巡る税務調査
12月 13日 (火) 開催  特別講座 残席わずか 

路線価評価か?時価評価か?評価通達6項を巡る税務調査

講師| 松林 優蔵氏(資料調査課課長 税務署長 国税調査官出身・税理士)

作成日:2022年 10月 14日 (金)

調査経験から相続税と贈与税調査の実務と、6項適用が増える理由と対応策を公開いたします。
時価か?路線価評価か?判断に迷う実務を、調査官の目線で解説いたします。


内 容

相続税法第22条に規定された時価(路線価評価か?時価評価か?課税庁も鑑定士に鑑定評価を依頼)

6項に関する税務調査の対象となるケース(相続開始前の借入金等による不動産等の取得)

令和4年4月19日の最高裁判決の影響(6項適用は今後増える?)

実務経験から見た6項適用(裁判例・裁決事例の検討)

借入金と資産の関係

不動産購入の経緯の調べ方

調査の結果、追徴課税は、いくらくらいになるか?

時価か?路線価評価か?判断に迷う実務

不動産鑑定士を依頼するケース

名義預金、名義株

相続税調査における贈与の有無と時期の判定

相続税調査は、事実認定に基づいて行われる実質課税

財産評価基本通達6項はどのような場合に適用されるか?

財産評価基本通達6項の適用に当たっての判断基準

講師プロフィール

1975年東京国税局入局

資産課税第一統括官

資料調査課主査、課長

2011年税務署長を経験

講師講演DVD

- Live配信受講可 - 路線価評価か?時価評価か?評価通達6項を巡る税務調査

勉強会データ

特別講座 路線価評価か?時価評価か?評価通達6項を巡る税務調査

録音禁止とさせていただきます

開催日
2022年 12月 13日 (火)  - LIVE配信受講可 -
受付 13時30分 ~ オンライン受講は13時55分 、 時間 14時00分 ~ 17時00分
講師
 松林 優蔵氏(資料調査課課長 税務署長 国税調査官出身・税理士)
場所
新宿区新宿4-3-17 FORECAST新宿SOUTHビル3階会議室
定員
会場5名 (事前決済順) オンライン受講15名 1週間アーカイブをご提供いたします。
参加費

「法律・税金・経営を学ぶ会」会員限定:16,500円(送料・資料代込)
プラチナ会員:3名無料
一般の方は、入会手続きをお願い申し上げます。
1週間アーカイブをご提供いたします。
※東京税理士会には、本会から3時間申請をいたします。

申込期限
12月6日(会員限定)
・申込人数が定員に達しました場合は、キャンセル待ちでお受けします。
・地図と受講票は申込いただいた方に1週間前にメールでお送りします。
その他
・申込後に欠席される場合は事務局までご連絡下さい。
・口座振替手続き後、お振込後の欠席ご連絡は、返金・振替が出来かねますので、当日の資料をお送りさせていただきます。法人会員様は職員様の代理の参加が可能です。

お申込みフォーム

- Live配信受講可 - 路線価評価か?時価評価か?評価通達6項を巡る税務調査

totop

Copyright c 2022 一般社団法人 法律・税金・経営を学ぶ会 All Rights Reserved.