勉強会

HOME > 勉強会

実務をしっかり勉強している専門家に依頼しないと、多額の税金を支払うことになります

11/6(水)、11/20(水)、12/4(水)、12/6(金) 「相続オールマスター講座16期生 民法改正を踏まえた相続税対策の見直し・贈与税・株の評価・実地評価体験セミナー」 白井一馬氏、武田秀和氏、柴田健次氏、東北篤氏

超ハイレベル

DSC04831.JPGのサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像

第1回「民法改正を踏まえた相続税対策の見直しの必要性 配偶者居住権・遺言・事業承継税制・小規模宅地等特例・遺留分侵害額請求権」
日 時:2019年11月6日 水曜日 14時から17時
講 師:白井一馬氏(税理士)
基礎的なことがわかっている前提となります。
超ハイレベルです。

内 容
配偶者居住権を活用した節税はどこまで許されるのか?
見えてきた配偶者居住権の利用価値
持戻免除の推定規定が必要になる場合とは?
民法改正施行と小規模宅地等特例は密接に結びついている
遺留分侵害額請求権の課税関係と疑問
遺留分改正施行に伴い、相続税対策をどのように見直す必要があるか?
自筆証書遺言の改正施行
預金の仮払制度
事業承継税制と生前贈与
国外出国時課税と遺言
講師プロフィール
DVD「個人版事業承継税制を使った方が良い人と小規模宅地等特例との併用」
DVD「事業承継税制を使わない株価対策の上手な進め方」
DVD「事業承継税制が使える場合使えない場合と節税効果」
DVD「意外な税負担が生じる信託と一般社団法人の改正

takeda6.JPGのサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像

第2回「最も重要な贈与税 一番勉強しなければいけない税金」
日 時:2019年11月20日 水曜日 14時から17時
講 師:武田秀和氏(元国税調査官・税理士)
内 容
民法における贈与契約とは? 
書面によらない贈与
定期贈与
負担付贈与
死因贈与
相続税法における贈与
みなし贈与
贈与税が非課税となる財産
直系尊属から受けた住宅取得資金
近年の贈与税の改正と新しい特例の傾向
税務調査で指摘を受けないような贈与
親族からの借入金は贈与と認定されるか?
土地建物の名義を家族の名義に変更した場合、贈与となるか?
財産の名義変更があっても贈与がなかったものとされる場合
父から6割程度で土地を買い取った場合、贈与税の問題が起きるか?
低額譲受
非上場会社に資金を提供したら、贈与税の問題が生じるか?
相続時精算課税の適用を受けた土地は、小規模宅地等の特例の適用ができるか?
土地を使用貸借で借り受けた場合、借地権の認定課税を受けるか?
講師プロフィール
DVD「税務調査が入りやすい譲渡所得」
木村金蔵先生お勧めDVD「ここが相続税調査で指摘される!相続税・贈与税判断に迷う実務上の注意点」
DVD「底地、借地権 相続税・贈与税・法人税・譲渡所得の実務」
DVD&書籍「図解!借地権の大きな落とし穴」

sibata2.JPGのサムネイル画像

第3回「株の評価 改正対応版」
日 時:2019124日 水曜日 14時から17
講 師:柴田 健次氏(税理士)
ビデオ撮影がございませんので、参加してお聴きください。
内 容
判定手順や記載上の留意点を評価明細書ごとにおさえて正しく迷わず評価できるよう解説
会社規模の判定基準・類似業種比準価額の計算方法・株式等保有特定会社の判定基準などの改正項目
最終確認に使える評価明細書のチェックリスト
株価評価の際に気をつけるべきこと
日頃ソフトに頼っている事務所が陥りやすい株価評価の誤り
事業承継税制を利用する際に気をつけるべきこと
株価が高くなってしまう企業の相続税対策
名義株の問題解決
配当還元価額の適用の可否
相続と譲渡の場合の株主判定の留意点
講師プロフィール
勉強会欠席者資料「税理士が間違えやすい選択ミスや相続・贈与・譲渡時の株価と税金」
DVD「改正後の株価評価のポイントとソフトだけに頼っていると間違える株価の出し方」
勉強会欠席者資料「事業承継税制と株価対策をした場合の納税額の違い」

ebbac3c9.pngのサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像

第4回「評価の達人の評価方法とは?実地評価 体験セミナー」
日 時:2019年12月6日 金曜日 14時から17時
講 師:東北 篤氏(不動産鑑定士・税理士・元国税調査官・固定資産税評価委員・地価公示鑑定評価員)
講演後、勉強会会場から忘年会会場までの道のりを、道路やビルなど、調査において見るべきポイントを、現場で解説いたします。
内 容

評価の達人の評価方法とは?
 ・ 土地評価に必要な道具と使い方
 ・ 税務職員が納得する相続税評価の添付資料
 ・ 不動産は評価額が大きく、評価を誤れば税金に大きく影響する
 ・ 東京局の税務調査の申告誤りは他の国税局に比べて評価誤り割合が大きい
 ・ 評価を誤って申告すれば税理士損害賠償があり得ます
 ・ 現地で見るべきポイント

講師プロフィール
DVD「農家の相続・農地の評価・造成費・生産緑地問題・庭園設備の評価」
DVD「評価は税理士の仕事!相続税申告から税務調査にも対応できる現地調査の仕方」
会員限定DVD「資料調査課経験者が教える!正しい土地評価と役所調査・相続税調査の実態」
忘年会参加予定(10月18日申込まで)
東北篤先生
木村金蔵先生
高橋安志先生
下崎 寛先生
海老原玲子先生
北出容一先生
小西啓二様
宮路幸人先生
齊藤紀子
講演後、忘年会会場まで、外に出てビルや道路の見るべきポイントをご案内します(勉強会会場から新宿高島屋忘年会会場まで)。
※体調不良などにより講師変更の場合は講演後の解説はございません。
※講演内容は多少の変更もございます。東京税理士会には本会から12時間申請します。そのほかの税理士会・CPEは本人様から申請いただければ認定となります。

11/6(水) 相続オールマスター講座16期生第1回 「民法改正を踏まえた相続税対策見直しの必要性 配偶者居住権を活用した節税・遺留分・小規模宅地・事業承継税制・遺言」 白井一馬氏

相続オールマスター講座16期生第1回

DSC04831.JPGのサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像民法改正により、2019年7月以降の相続から遺留分が重要となり、自筆証書遺言はすでに改正施行されております。
相続税対策の方法を根本的に見直ししなければならず、従来の方法でアドバイスをしていると間違えます。

さらに、小規模宅地等特例はあらゆる改正施行と密接に結びついています。

相続税対策の方法を、どのように見直ししなければいけないか、学びます。

内 容

配偶者居住権を活用した節税はどこまで許されるのか?
見えてきた配偶者居住権の利用価値
持戻免除の推定規定が必要になる場合とは?
民法改正施行と小規模宅地等特例は密接に結びついている
遺留分侵害額請求権の課税関係と疑問
遺留分改正施行に伴い、相続税対策をどのように見直す必要があるか?
自筆証書遺言の改正施行
預金の仮払制度
事業承継税制と生前贈与
国外出国時課税と遺言

※東京税理士会に3時間申請します。そのほかの税理士会・CPEは本人様から申請いただければ認定となります。講演内容は講師の体調不良などにより、多少の変更もございます.

※こちらの勉強会は相続オールマスター講座16期生の第1回目となります。
講師プロフィール
DVD「個人版事業承継税制を使った方が良い人と小規模宅地等特例との併用」
DVD「事業承継税制を使わない株価対策の上手な進め方」

DVD「事業承継税制が使える場合使えない場合と節税効果」

DVD「意外な税負担が生じる信託と一般社団法人の改正

DVD「相続税対策に重要な小規模宅地等特例と一般社団法人と信託の活用」

DVD「組織再編税制改正が及ぼす中小企業への影響と空き家の譲渡」

DVD「3つの信託税制とリスクを理解する一般社団法人を信託の受託者にする相続税対策」

DVD「相続時精算課税制度の失敗例と自社株対策の失敗例」

DVD「最近の改正と特に気を付けるべき資産税重要事項」


11/20(水) 相続オールマスター講座16期生第2回 「最も重要な贈与税 一番勉強しなければいけない税金」 武田秀和氏

takeda6.JPGのサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像

「最も重要な贈与税 一番勉強しなければいけない税金」
贈与税は、相続税と密接に結びついており、最も重要で一番勉強しなければいけない税金です。

日 時:2019年11月20日 水曜日 14時から17時

講 師:武田秀和氏(元国税調査官・税理士)

内 容

民法における贈与契約とは? 

書面によらない贈与

定期贈与

負担付贈与

死因贈与

相続税法における贈与

みなし贈与

贈与税が非課税となる財産

直系尊属から受けた住宅取得資金

近年の贈与税の改正と新しい特例の傾向

税務調査で指摘を受けないような贈与

親族からの借入金は贈与と認定されるか?

土地建物の名義を家族の名義に変更した場合、贈与となるか?

財産の名義変更があっても贈与がなかったものとされる場合

父から6割程度で土地を買い取った場合、贈与税の問題が起きるか?

低額譲受

非上場会社に資金を提供したら、贈与税の問題が生じるか?

相続時精算課税の適用を受けた土地は、小規模宅地等の特例の適用ができるか?

土地を使用貸借で借り受けた場合、借地権の認定課税を受けるか?

※こちらの勉強会は、相続オールマスター講座16期生の第2回目となります。

※東京税理士会には3時間申請します。そのほかの税理士会・CPEは本人様から申請いただければ認定となります。

講師プロフィール
DVD「税務調査が入りやすい譲渡所得・取得費が不明な資産の譲渡」
木村金蔵先生お勧めDVD「ここが相続税調査で指摘される!相続税・贈与税判断に迷う実務上の注意点」
DVD「底地、借地権 相続税・贈与税・法人税・譲渡所得の実務」
DVD&書籍「図解!借地権の大きな落とし穴」
DVD&書籍「取得費が不明な資産の譲渡と申告時に迷う譲渡所得」
DVD&書籍「不動産の売却にかかる譲渡所得の税金 完全網羅」
DVD「相続税調査でここが指摘される特殊な土地評価実務」
DVD
貸宅地、借地権、不合理分割 土地評価の実務
DVD
元国税調査官が教える!贈与税と名義預金と相続税の関係性 贈与税の申告をしただけでは相続税対策にならない
DVD
元国税調査官が教える!相続税調査実態からみる申告書作成マル秘テクニック
DVD
元国税調査官が教える!判断に迷う海外財産と家屋の評価方法
DVD
民法と相続税法から学ぶ遺産分割協議と遺贈の相続税実務
DVD
間違いが多い土地建物の譲渡所得と調査実態
DVD
元国税調査官が教える!相続税調査実態からみる申告書作成のテクニック
DVD
海外財産、家屋、庭園、絵画、車、書画骨董、知的財産権、一般動産の評価方法
DVD
事例でわかる特例適用・申告手続 土地建物の譲渡所得Q&A
DVD
贈与税の基本と特例Q&A

12/4(水) 相続オールマスター講座16期生第3回 「株の評価 改正対応版」 柴田健次氏

相続オールマスター講座16期生 第3回

sibata2.JPGのサムネイル画像

「株の評価 改正対応版」

日 時:2019124日 水曜日 14時から17

講 師:柴田 健次氏(税理士)

ビデオ撮影がございませんので、参加してお聴きください。

内 容

判定手順や記載上の留意点を評価明細書ごとにおさえて正しく迷わず評価できるよう解説 

会社規模の判定基準・類似業種比準価額の計算方法・株式等保有特定会社の判定基準などの改正項目 

最終確認に使える評価明細書のチェックリスト 

株価評価の際に気をつけるべきこと 

日頃ソフトに頼っている事務所が陥りやすい株価評価の誤り 

事業承継税制を利用する際に気をつけるべきこと 

株価が高くなってしまう企業の相続税対策 

名義株の問題解決 

配当還元価額の適用の可否 

相続と譲渡の場合の株主判定の留意点

※東京税理士会には3時間申請します。そのほかの税理士会・CPEは本人様から申請いただければ認定となります。

※こちらの勉強会は相続オールマスター講座16期生の第3回目となります。
講師プロフィール
勉強会欠席者資料「事業承継税制と株価対策をした場合の納税額の違い」
勉強会欠席者資料「税理士が間違えやすい選択ミスや相続・贈与・譲渡時の株価と税金」
講演DVD「改正後の株価評価のポイントとソフトだけに頼っていると間違える株価の出し方」

12/6(金) 「2019年忘年会」

ebbac3c9.pngのサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像

2019年忘年会からご参加されます方は、こちらからお申込みください。

忘年会からのご参加は、「法律・税金・経営を学ぶ会」会員様限定となります。

当日、講師の東北篤先生が参加予定です。

ご参加お待ちしております。

式 次

「相続オールマスター講座16期生」表彰
2019年勉強会最多受講者 表彰

乾杯

懐石料理

ご歓談

お席自由

飲み放題

※当日は、14時から勉強会を開催しております。受講者は、勉強会の会場から忘年会会場まで、実地評価体験ができます。

12月6日勉強会詳細

http://www.houzeikei.com/events/665.php

忘年会参加予定(10月15日お申込まで)

東北 篤先生
木村金蔵先生
下崎 寛先生
高橋安志先生
海老原玲子先生
北出容一先生
小西啓二様
宮路幸人先生
齊藤紀子

専門家のご紹介(50音順)

※掲載希望の方のみ