士業と経営者のネットワーク 一般社団法人 法律・税金・経営を学ぶ会

勉強会

HOME勉強会相続税法通達改正を踏まえて判断に迷う土地評価/小規模宅地等特例はあらゆる改正にかかわっている
9月 22日 (火) 開催

相続税法通達改正を踏まえて判断に迷う土地評価/小規模宅地等特例はあらゆる改正にかかわっている

講師|

作成日:2019年 10月 17日 (木)

DSC05708.JPG
相続税法通達改正を踏まえて最近の事例から判断に迷う土地評価を公開します。
改正から、あらゆる点に気をつけなければいけないことを確認します。
内 容
小規模宅地等特例は、配偶者居住権に基づく敷地利用権と配偶者居住権付敷地の価額の両方で可能
特別寄与料の計算方法(2019年7月以降の相続)
小規模宅地等特例の減額特例の改正への対応
事例研究
区分所有登記が行われている二世帯住宅
小規模宅地等特例改正の経過措置
区分登記された場合の解決方法
貸家建付地の評価と小規模宅地等減額特例における空室の取扱の違い
貸付用不動産は3年超所有が条件
特定事業用宅地等に係る小規模宅地等の特例
現行の事業用小規模宅地等特例の問題点

1.相続法改正と相続税

(1)配偶者居住権

配偶者居住権の評価方法

配偶者居住権に小規模宅地の特例適用は可能か?

配偶者が死亡した場合の配偶者居住権は非課税に?

(2)遺留分減殺請求権が遺留分侵害額に変わった場合の税務

(3)特別の寄与分と相続税

2.特定居住用宅地等と貸付事業用宅地等への改正

(1)小規模宅地等の減額特例の改正への対応

(2)期限後申告の小規模宅地等の特例の適用

(3)小規模宅地等の特例で相続人全員の同意を証する書類の提出

(4)相続人は被相続人と生計を一にしていた親族の小規模宅地等の特例の否認

3.賃貸用共同住宅の付属駐車場の貸家建付地評価 ~貸家建付地評価の考え方~

4.貸家の持分が土地の持分を下回る場合の貸家建付地の評価

※講演内容は、事例により、多少のご変更もございます。
※東京税理士会には本会から3時間申請します。公認会計士協会・その他の税理士会には本人様から申請いただければ認定となります。
講師プロフィール
会員限定DVD「小規模宅地・生産緑地・貸家建付地・判断に迷う土地評価」
DVD「資産課税の改正・個人版事業承継税制・小規模宅地等特例の改正」

相続税法通達改正を踏まえて判断に迷う土地評価/小規模宅地等特例はあらゆる改正にかかわっている

勉強会データ

相続税法通達改正を踏まえて判断に迷う土地評価/小規模宅地等特例はあらゆる改正にかかわっている

開催日
2020年 9月 22日 (火)
受付  、 時間 
講師
場所
定員
参加費
申込期限
その他

お申込みフォーム

相続税法通達改正を踏まえて判断に迷う土地評価/小規模宅地等特例はあらゆる改正にかかわっている

==================================================================== 非表示エリア ====================================================================

共通データ

【開催状況】
【録音禁止】 禁止しない 【特別・赤ラベル】 なし
【緑ラベル】 なし 【開催日】 2020年 9月 22日 (火) 【講師名】 【開催時間】 【受付時間】 【会場情報】 【定員】 【申込期限】 【参加費】 【その他補足】
【終了フラグのみ:関連ページURL|URL】

一覧ページ用データ

【タイトル表示オプション:前|テキスト】
【タイトル表示オプション:後|テキスト】
【紹介文|テキストエリア】※改行あり

totop

Copyright c 2020 一般社団法人 法律・税金・経営を学ぶ会 All Rights Reserved.