士業と経営者のネットワーク 一般社団法人 法律・税金・経営を学ぶ会

勉強会

HOME勉強会相続オールマスター講座14期生
9月 24日 (木) 開催

相続オールマスター講座14期生

講師|

作成日:2019年 4月 12日 (金)

ebbac3c9.pngのサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像

全4回を通じ、相続に重要な実務を学ぶことができます。

職員様の代理参加可能です。
貴重な機会ですので、ぜひご参加ください。

1回 「効率的な役所調査の方法と相続税調査選定に挙げられる項目 相続税調査の実務 完全オフレコ」

調査選定に挙げられる項目と、調査重点項目である名義預金、名義株式についてお話をします。 

質問応答記録書についても触れますので、参加してお聴きください。

役所調査の効率的な方法と、三大都市圏の担当窓口を公開します。

特に、東京近辺は不動産が高額なため、少し間違うと、大きく修正が必要です。

東京局調査では不動産の非違が多く出るのが特色です。

事前に窓口と担当を把握していないと、無駄足になります。

評価の研修では、主に市役所で入手できる各種資料について、入手漏れの無いようにすることと、現地の測量方法にも触れます。 

2019412日 金曜日 14時から17 

講 師 東北篤氏(相続税専門 不動産鑑定士・税理士 国税局 資産評価官 資料調査課 勤務経験者)
内 容

相続税調査の要諦
相続税申告のためのチェックシート

調査の選定対象として考えられるもの

相続税臨宅調査の作業スケジュール

相続財産の現物確認調査

調査官と相続人のトラブル防止

相続税の臨宅調査が決まった後の準備

銀行(預貯金・貸金庫)調査

名義預金についての調査

質問応答記録書の作成目的

質問応答記録書に署名を拒否した場合の取扱

株式の調査

名義株についての調査

不動産の調査

収集漏れしやすい役所資料

修正申告等のしょうよう等

主要都市の担当窓口がわかる!
資料の入手漏れが無いようにするには?
現地の測量方法

東京近辺の不動産は高額なため、すこし間違うと、大きく修正しなければいけない
東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、大阪府、兵庫県、京都府、滋賀県、奈良県、和歌山県、愛知県、岐阜県、三重県(各地域代表都市)の担当窓口一覧を公開
相続税の土地評価や不動産鑑定等の基礎資料を効率的に収集するには?
不動産評価の実務では、資料の収集や、それに基づいた相続税申告書の添付資料作りが重要
各市町村で収集する資料の担当窓口が全く統一されていない
担当窓口の呼称や、担当内容等が不統一
相続税の申告書等に添付する「評価明細書」
相続税評価に必要な役所調査
相続税評価に必要な役所調査により入手できる資料とその活用方法
評価する上で効果的な資料の説明
役所の担当窓口を間違えると、必要な書類が手に入らない
相続税の税務調査
調査選定にあげられる項目
名義財産
名義株式
質問応答記録書
相続税調査体験談をオフレコで公開
相続税調査は特殊で相続人間の人間模様を垣間見ることができる
税理士が調査の際に留意すべきこと
税理士が申告書作成時に気をつけるべきこと
調査があった場合の上手な対応方法 

講師プロフィール
次回講演7/12(金)「財産種類別の相続税調査のポイント」

DVD「今までにない勉強会 通達の前に現地の測り方 有益な資料の収集方法と正しい土地評価の仕方」

DVD&書籍「評価は税理士の仕事 正しく評価しなければ損害賠償は当然 ここが違う!プロが教える土地評価の要諦」

takeda6.JPGのサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像

2回 「底地、借地権の税務と評価 ハイレベル編」
2019419日(金)14時から17
レジュメを使用いたします。
判断に迷う底地と借地権の評価方法、調査で指摘される点をお話します。
講 師  武田秀和氏(税理士・元国税調査官)
内 容
借地権をめぐる最近の状況
借地権の買取り
底地の売却
底地と借地権を交換
土地の無償使用による贈与税の課税
底地の取得があった場合
借地権課税の変遷(過去の取扱い)
今後の取扱い(過去の課税関係を踏まえた取扱い)
土地の無償借受け時に借地権相当額の課税が行われている場合
借地権の目的となっている土地を通達施行前に借地権者以外の者が取得した場合
使用貸借と借地権(現行の取扱い)
財産評価と借地権
使用貸借に係る土地についての相続税および贈与税の取扱
使用貸借による土地の借り受けがあった場合
使用貸借による借地権の転借があった場合
借地権の目的となっている土地を借地権者以外の者が取得した場合
財産評価基本通達による借地権
相続税法の借地権
借地権の評価
財産評価基本通達による定期借地権
譲渡所得と借地権
借地権等の設定
借地権の取得
借地権の取得費
借地権の譲渡
借地権の譲渡費用
借地権を取得し、その土地を譲渡した場合の収入金額の区分
法人が関係する場合の借地権
法人税法と借地権課税
借地人が法人,地主が個人の場合
基本的な考え方
通常の権利金の支払い
相当の地代の支払い
土地の無償返還の届出
節税対策
講師プロフィール
DVD&書籍「不動産の売却にかかる譲渡所得の税金 完全網羅」
DVD&書籍「取得費が不明な資産の譲渡と申告時に迷う譲渡所得」
DVD&書籍「図解!借地権の大きな落とし穴」

写真北出容一氏.jpgのサムネイル画像

第3回 「会社分割、事業譲渡、株式交換、株式の集約と株式譲渡、種類株と相続において重要な会社法」

2019年4月26日(金)14時から17時
相続に重要な会社法、会社分割や株式交換を弁護士、税理士の北出先生に法律税務両方の面でお話いただきます。
講 師  北出容一氏(弁護士・税理士)
内 容
事業譲渡する際の注意点
株式の集約、自己株式取得等
会社法を正しく理解する
必須の要件、手続き、落し穴
会社分割とは?
株式交換の際に気をつけるべきこと
営業譲渡の際に気を付けるべきこと
株の買取りをする際に気を付けるべきこと
M&Aにおける注意点
相続実務において、おさえるべき会社法
講師プロフィール
DVD「会社法をもとに会社経営者の相続対策落とし穴 突然相続が発生した場合の注意点」
DVD「資産家・経営者が突然介護認知症になってしまった場合の対処法と信託の活用」
DVD相続税対策 法人(株式会社・合同会社・一般社団法人)設立と運営責任の落とし穴

DSC04831.JPGのサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像

第4回 「個人版事業承継税制、2019年度税制改正実務への対応」
2019年5月10日(金) 14時から17時
2019年度税制改正で創設された個人版の事業承継税制と、2019年度税制改正を実務にどのように活用するべきか、お話いただきます。
講 師  白井一馬氏 (税理士)
内 容
個人版 事業承継税制の活用
2019年度税制改正 消費税増税における課税の強化
事業承継税制の実務における活用方法 ハイレベル編
事業承継税制が使える人とは?
節税の効果はどれくらいあるか?
打ち切りリスクに注意
事業承継税制を使わない方が良い人とは?
実務上、気をつけるべき税制改正
講師プロフィール
DVD「事業承継税制を使わない株価対策の上手な進め方」
DVD「事業承継税制が使える場合使えない場合と節税効果」
DVD「意外な税負担が生じる信託と一般社団法人の改正
※講演内容は、多少の変更もございます。東京税理士会には、本会から12時間申請します。そのほかの税理士会、CPEは本人様から申請いただければ認定となります。

相続オールマスター講座14期生

勉強会データ

相続オールマスター講座14期生

開催日
2020年 9月 24日 (木)
受付  、 時間 
講師
場所
定員
参加費
申込期限
その他

お申込みフォーム

相続オールマスター講座14期生

==================================================================== 非表示エリア ====================================================================

共通データ

【開催状況】
【録音禁止】 禁止しない 【特別・赤ラベル】 なし
【緑ラベル】 なし 【開催日】 2020年 9月 24日 (木) 【講師名】 【開催時間】 【受付時間】 【会場情報】 【定員】 【申込期限】 【参加費】 【その他補足】
【終了フラグのみ:関連ページURL|URL】

一覧ページ用データ

【タイトル表示オプション:前|テキスト】
【タイトル表示オプション:後|テキスト】
【紹介文|テキストエリア】※改行あり

totop

Copyright c 2020 一般社団法人 法律・税金・経営を学ぶ会 All Rights Reserved.