士業と経営者のネットワーク 一般社団法人 法律・税金・経営を学ぶ会

勉強会

HOME勉強会税制改正の影響で、判断が難しくなった土地の評価と小規模宅地の経過措置
9月 23日 (水) 開催

税制改正の影響で、判断が難しくなった土地の評価と小規模宅地の経過措置

講師|

作成日:2018年 10月 10日 (水)

watanabemasanori.JPGのサムネイル画像のサムネイル画像

税制改正により、評価が簡単になったと思ったら、実は現地を見て、さらに評価に困る事例などを複数ご紹介します。

講師は元国税調査官の渡邉正則先生です。

広大地評価の廃止の段階でも、今後、論点となる事例を公開しておりますので、ご確認ください。

内 容

平成30年3月31日以前の相続の場合

平成32年3月31日までの相続の場合

平成32年4月1日以降の相続の場合

貸付事業用宅地等

貸付事業が事業的規模の場合

税制改正で判断が難しくなった小規模宅地の経過措置

借地権認定課税の時期・底地買取時の価額

将来の契約更新が確実な賃借権が設定されている土地の評価

中古車展示場の敷地の評価

親子間の土地の賃貸借と借地権

土地を評価する上での借地権の範囲

親所有の土地に子どもがアパートを建てた場合と親所有のアパートを子に贈与した場合

一団の土地に複数のアパートがあり、その間に共同のアパート賃借人の駐車場がある場合

従来の広大地との比較

すでに開発を了しているマンション・ビル等の敷地

減価に反映される理由

戸建住宅用地としての分割分譲に伴う潰れ地の負担による減価

戸建住宅用地としての分割分譲に伴う工事・整備費用等の負担による減価

地積規模の大きな宅地から除かれる宅地

地積規模の大きな土地が路線価地域にある場合

地積規模の大きな土地が倍率地域にある場合

大幅に適用事例が増加する大規模な地積の評価と争いの多い個別評価論点 
広大地評価との比較による「地積規模が大きな宅地」 (新評価)のポイント、留意点 
新評価ができるのにできないと判断し易い事例 
新評価ができないのにできると判断し易い事例 
新評価に伴い、奥行補正や中小工場地区の見直しがされている実務上、注意しなければならないポイント 
新評価の面積基準と評価単位の重要性について 
貸家建付地の評価に関する裁決・判決及び申告や調査 
実務での対応 
共有地が隣接する場合の評価単位 
借地権について問題になった事例(法人についての借地権の認定課税等含む) 
タワーマンションの評価
小規模宅地等の特例改正(貸付事業用の3年規制)に繋がったと思われる事例

※東京税理士会には本会から3時間申請します。

税制改正の影響で、判断が難しくなった土地の評価と小規模宅地の経過措置

勉強会データ

税制改正の影響で、判断が難しくなった土地の評価と小規模宅地の経過措置

開催日
2020年 9月 23日 (水)
受付  、 時間 
講師
場所
定員
参加費
申込期限
その他

お申込みフォーム

税制改正の影響で、判断が難しくなった土地の評価と小規模宅地の経過措置

==================================================================== 非表示エリア ====================================================================

共通データ

【開催状況】
【録音禁止】 禁止しない 【特別・赤ラベル】 なし
【緑ラベル】 なし 【開催日】 2020年 9月 23日 (水) 【講師名】 【開催時間】 【受付時間】 【会場情報】 【定員】 【申込期限】 【参加費】 【その他補足】
【終了フラグのみ:関連ページURL|URL】

一覧ページ用データ

【タイトル表示オプション:前|テキスト】
【タイトル表示オプション:後|テキスト】
【紹介文|テキストエリア】※改行あり

totop

Copyright c 2020 一般社団法人 法律・税金・経営を学ぶ会 All Rights Reserved.