士業と経営者のネットワーク 一般社団法人 法律・税金・経営を学ぶ会

勉強会

HOME勉強会相続税調査に来させない申告書の作り方と今後の不動産評価の行方
8月 10日 (月) 開催

相続税調査に来させない申告書の作り方と今後の不動産評価の行方

講師|

作成日:2018年 6月 14日 (木)

fukasiro1.JPGのサムネイル画像

5回 614日(木)14時~17時 「相続税調査に来させない申告書の作り方と今後の不動産評価の行方」 深代勝美氏(公認会計士)

実際使用している税理士法人深代会計事務所のチェックリストを用いて、申告前の確認方法を学びます。

ビデオ撮影がございませんので、参加してお聴きください。

内 容

調査官が調査対象に選ぶ申告書と選ばない申告書

土地や株の多額な売却、相続直前に多額な預金の引き出しがある場合

家族名義等の預金のチェックが行われていない申告書

生前贈与がある場合の申告書

多額な借入金があるのに、それに見合う財産がない申告書

財産評価の根拠資料がない場合や説明が不十分な申告書

税法適用に誤りのある申告書

税務署は納税者の自発的な事後申告を促進している

書面添付の効果

相続税申告チェックリスト53項目

土地評価の資料は、どのように作成するか?

現金預金の資料は、どう作成するか?

税務調査に来させないための事前準備とお客様との確認事項が大事

土地評価、財産の把握は抜かりなく行う

税務調査の依頼があった場合、会計事務所としての対応

名義財産がないよう、相続人全員の財産を把握

路線価とは関係ない収益による不動産の評価方法

講師プロフィール

過去の勉強会欠席者資料「2018年度税制改正 資産税を中心に」

欠席者資料「判断に迷う土地評価 実務で気をつけるべき点 遺産分割協議の助言ミスと損害賠償」

過去の勉強会「相続税報酬の比較 相談から申告・書面添付まで」

過去の勉強会「絶対税務調査に来させない相続税申告の手法」

過去の勉強会「相続税相談5万件以上受けている実績から教える信託と一般社団法人の活用法」

※講演内容は多少の変更がある場合がございます。

※東京税理士会には本会から3時間申請します。そのほかの税理士会とCPE、TKCには本人様から申請頂ければ認定となります。

相続税調査に来させない申告書の作り方と今後の不動産評価の行方

勉強会データ

相続税調査に来させない申告書の作り方と今後の不動産評価の行方

開催日
2020年 8月 10日 (月)
受付  、 時間 
講師
場所
定員
参加費
申込期限
その他

お申込みフォーム

相続税調査に来させない申告書の作り方と今後の不動産評価の行方

==================================================================== 非表示エリア ====================================================================

共通データ

【開催状況】
【録音禁止】 禁止しない 【特別・赤ラベル】 なし
【緑ラベル】 なし 【開催日】 2020年 8月 10日 (月) 【講師名】 【開催時間】 【受付時間】 【会場情報】 【定員】 【申込期限】 【参加費】 【その他補足】
【終了フラグのみ:関連ページURL|URL】

一覧ページ用データ

【タイトル表示オプション:前|テキスト】
【タイトル表示オプション:後|テキスト】
【紹介文|テキストエリア】※改行あり

totop

Copyright c 2020 一般社団法人 法律・税金・経営を学ぶ会 All Rights Reserved.