士業と経営者のネットワーク 一般社団法人 法律・税金・経営を学ぶ会

勉強会

HOME勉強会不動産評価を下げるために現地のどの部分を見るべきか?税制改正により判断に迷う土地評価
8月 10日 (月) 開催

不動産評価を下げるために現地のどの部分を見るべきか?税制改正により判断に迷う土地評価

講師|

作成日:2018年 6月 7日 (木)

kunitake1.JPGのサムネイル画像

4回 67日(木)14時~17時 

<勉強会参加者の声>

「多種多様な資料の収集方法が判りました。広大地、大幅改悪ですね。」

「不動産の調査を誤れば、必然的に不動産の評価も誤り、地積規模の大きい宅地の計算も含め、税務過誤に至ります。國武先生の税務と不動産鑑定の両方の視点から、ポイント、ノウハウを非常にたくさんご教示いただき、本当に勉強になりました。」

「不動産調査に非常に多くのリスクがあることを思い知りました。この講義に出席しなかったとすると、将来とんでもない過誤をしてしまうところでした。」

「対応策や遺産分割の際のアドバイスも含め、大変分かりやすく、かつ、税務過誤が生じやすい落し穴も教えて頂き、本当に出席者添して良かったです。」

「広い土地の遺産分割に携わる場合に、必聴の講義と思います。」

内 容
現地調査の重要性
注意点
評価上の判断ミスや、適切な評価が行われていないケースは、現地の調査不足が原因
税務評価で誤りやすい例・・・路線価の見間違い、場所の誤り、年度誤り、地区区分の誤り、権利関係等の事実関係の誤認
境界確認
形状、規模、傾斜、高低差の有無等の確認
利用区分の確認
概略測量
道路の種類・幅員等の確認
所有権以外の権利の存否・内容等の確認
近隣状況の確認
土壌汚染の確認も重要
広大地改正による計算の比較・・・整形な宅地、不整形補正率が最大の場合、かげ地割合が30%の宅地の場合
改正前後で有利・不利になるケース
異なる2以上の用途地域にまたがる宅地
正面路線が2以上の地区にわたる場合
指定容積率の異なる2以上の地域・地区にわたる宅地
地区区分の異なる2路線に接する宅地
市街地山林で宅地への転用が見込めない場合
中間農地等の場合
対策事例

講師プロフィール

DVD「広大地評価の廃止は株価にも影響を及ぼし増税となる」

DVD「取得費が不明な不動産・有価証券の譲渡」

DVD「不動産鑑定評価書の活用と効果・借地権の評価」

DVD「底地・借地権の評価と不動産評価による税金の違い」

※東京税理士会には本会から3時間申請します。そのほかの税理士会とCPE、TKCには本人様から申請を頂ければ認定となります。

不動産評価を下げるために現地のどの部分を見るべきか?税制改正により判断に迷う土地評価

勉強会データ

不動産評価を下げるために現地のどの部分を見るべきか?税制改正により判断に迷う土地評価

開催日
2020年 8月 10日 (月)
受付  、 時間 
講師
場所
定員
参加費
申込期限
その他

お申込みフォーム

不動産評価を下げるために現地のどの部分を見るべきか?税制改正により判断に迷う土地評価

==================================================================== 非表示エリア ====================================================================

共通データ

【開催状況】
【録音禁止】 禁止しない 【特別・赤ラベル】 なし
【緑ラベル】 なし 【開催日】 2020年 8月 10日 (月) 【講師名】 【開催時間】 【受付時間】 【会場情報】 【定員】 【申込期限】 【参加費】 【その他補足】
【終了フラグのみ:関連ページURL|URL】

一覧ページ用データ

【タイトル表示オプション:前|テキスト】
【タイトル表示オプション:後|テキスト】
【紹介文|テキストエリア】※改行あり

totop

Copyright c 2020 一般社団法人 法律・税金・経営を学ぶ会 All Rights Reserved.