士業と経営者のネットワーク 一般社団法人 法律・税金・経営を学ぶ会

勉強会

HOME勉強会2018年4月から大きく変わる小規模宅地特例上級編と難問事例
9月 25日 (金) 開催

2018年4月から大きく変わる小規模宅地特例上級編と難問事例

講師|

作成日:2018年 4月 26日 (木)

DSC04334.JPGのサムネイル画像のサムネイル画像

勉強会参加者の声

「条文の読み方、措置法の読み方等すごい勉強になりました」

「知識が追い付かず、難しかったが、事例がありわかりやすかった」

「詳細な解釈が聞けて良かった。こういう講義は少ないので、助かりました」

「根幹部分を明快に説明していただき、必聴の内容でした」

「大幅に改正された特定居住用宅地について、詳細かつわかりやすく重大な誤りが生じやすいポイントが理解できました」

「家なき子は複雑になりましたが、わかりやすい図表で解説いただきました」

「もう一度、DVDで繰り返し勉強します」

「平成304月以降の相続は、今回の勉強を参考にします」

書籍とレジュメを使用します。

内 容

2018年4月からの改正点 上級編

改正前と改正後の比較

家なき子の改正対比表

貸付事業用宅地等の改正

特定居住用宅地等の老人ホーム等の追加(介護医療院)

特定貸付事業の定義

相続税における小規模宅地等の概要

相続税に関する各税法間の全体像

小規模宅地等についての過去の税制改正の概要

老人ホームへ入居している場合

限度面積要件の解説

被相続人が共有で所有していた宅地等を取得した場合の対象面積

共有家屋の敷地の用に供されていた宅地等について

「生計を一」と「同居」の違い

特例の適用を受けることができる人

未分割の場合

特例の対象となる宅地等

一定の建物又は構築物

外国にある宅地等の扱い

特例適用宅地等を共有で相続した場合

贈与により取得した宅地等の扱い

未分割にも拘わらず、特例適用してしまった場合の附帯税

申告期限から3年以内に分割されなかった場合

更正の請求と小規模宅地等特例

特例を受けられる人が狭められる

「家なき子」名づけ者である髙橋安志先生が解説する「家なき子」とは?

難問事例

個別の特定宅地等解説

4月1日以降の相続から小規模宅地等の特例を受けられる人

申告で間違いやすい点

特例の適用要件の共通項目

講師プロフィール

過去の講演DVD「小規模宅地等特例 超ハイレベル編」

DVD「国税庁出身 杉岡映ニ氏と髙橋安志氏 対談講演」

DVD「身近な法律・税金知らずに損していませんか?

DVD相続トラブル解決事例25

DVD「トップクラスの専門家集団が教える広大地評価の廃止、相続・贈与・譲渡 完全攻略」

過去の勉強会「まだ誰も話したことがない税務調査に対応出来る小規模宅地等特例」

※東京税理士会には、本会から3時間申請をします。そのほかの税理士会、CPEは本人様から申請をいただければ認定となります。

2018年4月から大きく変わる小規模宅地特例上級編と難問事例

勉強会データ

2018年4月から大きく変わる小規模宅地特例上級編と難問事例

開催日
2020年 9月 25日 (金)
受付  、 時間 
講師
場所
定員
参加費
申込期限
その他

お申込みフォーム

2018年4月から大きく変わる小規模宅地特例上級編と難問事例

==================================================================== 非表示エリア ====================================================================

共通データ

【開催状況】
【録音禁止】 禁止しない 【特別・赤ラベル】 なし
【緑ラベル】 なし 【開催日】 2020年 9月 25日 (金) 【講師名】 【開催時間】 【受付時間】 【会場情報】 【定員】 【申込期限】 【参加費】 【その他補足】
【終了フラグのみ:関連ページURL|URL】

一覧ページ用データ

【タイトル表示オプション:前|テキスト】
【タイトル表示オプション:後|テキスト】
【紹介文|テキストエリア】※改行あり

totop

Copyright c 2020 一般社団法人 法律・税金・経営を学ぶ会 All Rights Reserved.