士業と経営者のネットワーク 一般社団法人 法律・税金・経営を学ぶ会

勉強会

HOME勉強会相続税調査と相続財産のグレーゾーンにどのように対応するか?税務署側の考えと調査結果への対応
9月 23日 (水) 開催

相続税調査と相続財産のグレーゾーンにどのように対応するか?税務署側の考えと調査結果への対応

講師|

作成日:2018年 2月 14日 (水)

takeda3.JPGのサムネイル画像

相続税調査は相続税法の要件の充足、相続財産の申告漏れを目途として調査が行われます。

相続財産とは、家族や他人名義で運用している財産も実質的に被相続人に帰属する財産は相続財産です。

調査により高額な家族名義財産が把握された場合、その帰属の判定は困難です。

課税庁はできるだけ相続財産を認定する方向で調査を展開しますが、必ずしも断定できるわけではありません。

ここで課税庁と納税者側との主張がぶつかることになり、折衝の余地が生まれます。

この講座では、相続税調査と相続財産のグレーゾーンにどのように対応するか事例を基に解説します。

元国税調査官の武田秀和氏に、相続税調査が入った場合、税務署側の考えと、交渉の余地がある例を土地と名義財産に分けて解説いただきます。

事前に、税務署側の考えがわかっていると、調査の対応もしやすくなります。

ぜひ、ご確認ください。

こちらの勉強会はハイレベルな内容です。

内 容

相続税の調査の状況

調査対象の今後の傾向と調査重点視

1 相続税調査の最近の傾向と結果

直近の相続税調査結果

調査結果の指摘

2 相続税調査の基本的な流れ

3 調査結果に対する課税庁の処分

修正申告・更正処分・決定処分の相違とその対応

4 相続財産の申告漏れ等に対する指摘とその対応及び事例

名義預貯金等

名義株

財産評価

土地等の評価

家庭用財産庭園設備等の評価

加算税と加算税の対象者

調査終了から加算税までの流れ

加算税が賦化されない場合

重加算税

相続税の重加算税の典型例

質問応答記録書への対応

税務署側の考え方

土地の評価は、税務署側は1つと決まっている

名義財産

相続税調査が来た場合、交渉の余地がある例

裏をつかんでいる例

延滞税

相続税法における延滞税の特則

東京税理士会には本会から3時間申請をします。その他の税理士会、CPEは本人様から申請をお願い致します。

講師プロフィール

DVD貸宅地、借地権、不合理分割 土地評価の実務

DVD元国税調査官が教える!贈与税と名義預金と相続税の関係性 贈与税の申告をしただけでは相続税対策にならない

DVD元国税調査官が教える!相続税調査実態からみる申告書作成マル秘テクニック

DVD元国税調査官が教える!判断に迷う海外財産と家屋の評価方法

DVD民法と相続税法から学ぶ遺産分割協議と遺贈の相続税実務

DVD間違いが多い土地建物の譲渡所得と調査実態

DVD元国税調査官が教える!相続税調査実態からみる申告書作成のテクニック

DVD海外財産、家屋、庭園、絵画、車、書画骨董、知的財産権、一般動産の評価方法

DVD事例でわかる特例適用・申告手続 土地建物の譲渡所得Q&A

DVD贈与税の基本と特例Q&A

相続税調査と相続財産のグレーゾーンにどのように対応するか?税務署側の考えと調査結果への対応

勉強会データ

相続税調査と相続財産のグレーゾーンにどのように対応するか?税務署側の考えと調査結果への対応

開催日
2020年 9月 23日 (水)
受付  、 時間 
講師
場所
定員
参加費
申込期限
その他

お申込みフォーム

相続税調査と相続財産のグレーゾーンにどのように対応するか?税務署側の考えと調査結果への対応

==================================================================== 非表示エリア ====================================================================

共通データ

【開催状況】
【録音禁止】 禁止しない 【特別・赤ラベル】 なし
【緑ラベル】 なし 【開催日】 2020年 9月 23日 (水) 【講師名】 【開催時間】 【受付時間】 【会場情報】 【定員】 【申込期限】 【参加費】 【その他補足】
【終了フラグのみ:関連ページURL|URL】

一覧ページ用データ

【タイトル表示オプション:前|テキスト】
【タイトル表示オプション:後|テキスト】
【紹介文|テキストエリア】※改行あり

totop

Copyright c 2020 一般社団法人 法律・税金・経営を学ぶ会 All Rights Reserved.