士業と経営者のネットワーク 一般社団法人 法律・税金・経営を学ぶ会

勉強会

HOME勉強会特定業種は大幅な増税となり、一部の土地は減税となる広大地評価改正 ハイレベル編
9月 26日 (土) 開催

特定業種は大幅な増税となり、一部の土地は減税となる広大地評価改正 ハイレベル編

講師|

作成日:2017年 10月 17日 (火)

photo.jpg
広大地評価の改正によって、特定業種は2倍近くの増税となり(今年中の相続税対策も難しいくらいの金額)、一部の土地は減税となるほど、広範囲に影響を及ぼします。

今回、超ハイレベルな内容をお伝えします。

資料はレジュメ25ページ、参考資料59ページです。

今後、お客様にどのようにアドバイスをしたら良いか?しっかりと勉強してから、アドバイスください。

内 容:

ある特定業種は、大幅な増税となる (今年中の相続税対策も難しい)

1.これまでの広大地評価の改正経緯

2.地積規模の大きな宅地の評価(財産評価基本通達20-2)の新設、その概要

具体的な内容

①三大都市圏

②地区区分について

③倍率地域について

④容積率について

⑤他の補正項目との併用について

⑥その他の注意事項

規模格差補正可否判定フローチャート

3.改正前後の計算比較

(1)計算例

(2)比較計算表1(整形な宅地の場合)

(3)比較計算表2(不整形補正率が最大の場合)

(4)比較計算表3(かげ地割合が30%の宅地の場合)

(5)改正前後で有利・不利になるケース

4.まとめ

別表 既成市街地から除かれる区域

近郊整備地帯(東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県、茨城県)

建築基準法第52

平成30年から変わる広大地評価 ハイレベル編

実務的にどのように、対応すべきか?

広範囲に影響を及ぼす広大地評価の改正

タワーマンション評価の改正

※東京税理士会には、本会からまとめて3時間申請をします。そのほかの税理士会、CPEは本人様から3時間申請をお願い申し上げます。

特定業種は大幅な増税となり、一部の土地は減税となる広大地評価改正 ハイレベル編

勉強会データ

特定業種は大幅な増税となり、一部の土地は減税となる広大地評価改正 ハイレベル編

開催日
2020年 9月 26日 (土)
受付  、 時間 
講師
場所
定員
参加費
申込期限
その他

お申込みフォーム

特定業種は大幅な増税となり、一部の土地は減税となる広大地評価改正 ハイレベル編

==================================================================== 非表示エリア ====================================================================

共通データ

【開催状況】
【録音禁止】 禁止しない 【特別・赤ラベル】 なし
【緑ラベル】 なし 【開催日】 2020年 9月 26日 (土) 【講師名】 【開催時間】 【受付時間】 【会場情報】 【定員】 【申込期限】 【参加費】 【その他補足】
【終了フラグのみ:関連ページURL|URL】

一覧ページ用データ

【タイトル表示オプション:前|テキスト】
【タイトル表示オプション:後|テキスト】
【紹介文|テキストエリア】※改行あり

totop

Copyright c 2020 一般社団法人 法律・税金・経営を学ぶ会 All Rights Reserved.