士業と経営者のネットワーク 一般社団法人 法律・税金・経営を学ぶ会

勉強会

HOME勉強会交渉するなら平成30年固定資産税改正前がベスト 相続税評価と固定資産税評価の違い
9月 22日 (火) 開催

交渉するなら平成30年固定資産税改正前がベスト 相続税評価と固定資産税評価の違い

講師|

作成日:2017年 9月 6日 (水)

DSC04210.JPG
勉強会参加者の声
「わかりやすい資料と丁寧な説明感謝します」
「基礎から丁寧なレジュメで、大変わかりやすかった」
「なかなか聞くことができない内容で、実務の参考になります」
「また渡邊先生の講演を聞きたいです」
「基本的なことから、自分が知らなかったところまで説明してもらい良かった」

実際に、固定資産税を下げる交渉をしたことがある渡邊先生が、事例を交え、固定資産税を下げる方法と、その交渉方法を公開します。
DSC04198.JPG
平成30年改正前に、ぜひ確認ください。

固定資産税は、相続税と密接に結びついています。

内 容

固定資産税を学ぶ目的と重要性

路線価と固定資産税評価額の関係

固定資産税を見直すための基礎知識

未登記建物・共有・相続の場合の課税はどうなる?

土地の分筆・合筆、利用状況の変更がある場合の課税はどうなる?

家屋の取り壊しの課税はどうなる?

課税明細を見るときの注意点

固定資産税を見直してみる

評価に間違いがあるケース

住宅用地の特例

アパートとして一体利用している土地は固定資産税が下がる

居住用家屋と店舗がある場合の住宅用地の特例

併用住宅の具体例

土地の不整形地補正率

画地の認定

私道の評価

固定資産税の私道の非課税措置

修繕費と償却資産税の関係

相続税と固定資産税の関係

タワーマンションの固定資産税評価の見直し

タワーマンション節税の注意点

貸家に空室がある場合の取り扱い

広大地評価の改正

相続税の評価単位の考え方

相続時精算課税制度の活用

固定資産税の還付申請方法

固定資産税の還付期間

役所への交渉実例

他の税金への影響

相続税の評価と固定資産税の評価の違い

固定資産税を見直し、相続業務を受託する方法

私道の固定資産税の取り扱い

私道の固定資産税を非課税にする方法

修繕費と固定資産税の関係

修繕費と償却資産税の関係

平成30年改正に向けて、固定資産税は見直せる

固定資産税は相続税と密接に結びついている

固定資産税を見直すと、過去にさかのぼって還付出来る

固定資産税を見直すポイント

どのようなケースなら、交渉出来るか?

直接交渉する方法

交渉するなら、平成30年改正前がベスト

講師プロフィール

過去の講演DVD「不動産所得者の確定申告と共有名義・未登記不動産の問題点」

DVD「固定資産税は見直せる他の税金との関係性」

DVD「地主さんの究極の節税方法」

DVD「費用対効果の悪い例 確定申告だけの税理士費用 確定申告だけでは解決できないキャッシュフロー」

※東京税理士会には本会から申請をいたします。そのほかの税理士会、CPEは本人様から自己申請をお願い申し上げます。

交渉するなら平成30年固定資産税改正前がベスト 相続税評価と固定資産税評価の違い

勉強会データ

交渉するなら平成30年固定資産税改正前がベスト 相続税評価と固定資産税評価の違い

開催日
2020年 9月 22日 (火)
受付  、 時間 
講師
場所
定員
参加費
申込期限
その他

お申込みフォーム

交渉するなら平成30年固定資産税改正前がベスト 相続税評価と固定資産税評価の違い

==================================================================== 非表示エリア ====================================================================

共通データ

【開催状況】
【録音禁止】 禁止しない 【特別・赤ラベル】 なし
【緑ラベル】 なし 【開催日】 2020年 9月 22日 (火) 【講師名】 【開催時間】 【受付時間】 【会場情報】 【定員】 【申込期限】 【参加費】 【その他補足】
【終了フラグのみ:関連ページURL|URL】

一覧ページ用データ

【タイトル表示オプション:前|テキスト】
【タイトル表示オプション:後|テキスト】
【紹介文|テキストエリア】※改行あり

totop

Copyright c 2020 一般社団法人 法律・税金・経営を学ぶ会 All Rights Reserved.