士業と経営者のネットワーク 一般社団法人 法律・税金・経営を学ぶ会

勉強会

HOME勉強会広大地評価の税制改正と不動産評価で気を付けるべき点
8月 10日 (月) 開催

広大地評価の税制改正と不動産評価で気を付けるべき点

講師|

作成日:2017年 6月 20日 (火)

相続税法上の時価と所得税法上の時価の違い.JPG
<勉強会参加者の声>
「とても実務に役立つ情報でした。」
「頭を使った事例の対応策、考え方、興味深かったです。」
「広大地の判断は難しい部分が多いのがわかりました。」
「事例が豊富で非常に参考になりました。」
「広大地の要件と遺産分割協議書の内容がリンクしていることがよくわかりました。」
不動産鑑定士と税理士の立場から、改正内容を解説いたします。
講演は完全オフレコです。
参加した方のみお聞きできます。
内 容
広大地評価の改正内容
広大地評価改正を見据えた相続対策の実務
ある土地に対する相続税評価額と実勢価額とのかい離
新年度税制改正・・・広大地評価の見直し、最高で65%まで減額できる
改正後の計算式
広大地評価を活用した生前対策
市街化区域内の雑種地
市街化区域内の畑
広大地評価を活用した相続開始後でも出来る節税対策
分割上の留意点
事例研究
「その地域」「標準的使用」が問題となった事例
図解説
広大地評価の見解が分かれた案件事例を複数紹介
生前に対策しておけば、今年の税率で評価できる広大地評価の裏ワザ
広大地評価の生前贈与
相続時精算課税制度の活用
平成30年から変わる評価基準
条件の明確化は、いつ発表されるのか?
今後、どのような点に気を付けなければいけないか?
広大地評価と認定されるケースと認定されない恐れのあるケース
講師プロフィール
過去の講演「相続税法上の時価と所得税法上の時価の違い」
過去の勉強会「広大地評価の作り出し方と固定資産税の下げ方」
※東京税理士会には本会から申請をします。その他の税理士会、CPEは本人様から申請をお願いいたします。

広大地評価の税制改正と不動産評価で気を付けるべき点

勉強会データ

広大地評価の税制改正と不動産評価で気を付けるべき点

開催日
2020年 8月 10日 (月)
受付  、 時間 
講師
場所
定員
参加費
申込期限
その他

お申込みフォーム

広大地評価の税制改正と不動産評価で気を付けるべき点

==================================================================== 非表示エリア ====================================================================

共通データ

【開催状況】
【録音禁止】 禁止しない 【特別・赤ラベル】 なし
【緑ラベル】 なし 【開催日】 2020年 8月 10日 (月) 【講師名】 【開催時間】 【受付時間】 【会場情報】 【定員】 【申込期限】 【参加費】 【その他補足】
【終了フラグのみ:関連ページURL|URL】

一覧ページ用データ

【タイトル表示オプション:前|テキスト】
【タイトル表示オプション:後|テキスト】
【紹介文|テキストエリア】※改行あり

totop

Copyright c 2020 一般社団法人 法律・税金・経営を学ぶ会 All Rights Reserved.