士業と経営者のネットワーク 一般社団法人 法律・税金・経営を学ぶ会

勉強会

HOME勉強会広大地評価と判断に迷う特殊な土地評価 事例研究
9月 22日 (火) 開催

広大地評価と判断に迷う特殊な土地評価 事例研究

講師|

作成日:2016年 10月 12日 (水)

広大地評価は、評価しなければいけない強制規定ですが、税務調査を恐れて評価しない税理士もいます。

その分、多くの税金を支払うのは納税者です。

判断に迷う土地評価、広大地評価を正しく学んでください。

資料は、配布用51ページと、スクリーンで図解説します。

勉強会参加者の声

「とても勉強になりました」

「具体的な内容で勉強になりました」

「素人でも判るグラフや判断基準、判例の分析、数値にする検証など分かりやすいですね」

「鑑定士さんの話は初めて聞きましたが、とても理解しやすい説明で参考になりました」

内 容

事例研究 開発許可面積基準未満の土地と広大地

広大地評価

広大地の基礎

広大地補正の趣旨

広大地フローチャート

不服審判の概要

適用最低面積基準(最新裁決事例の説明)

開発許可面積基準未満の土地と広大地

開発許可面積の数値基準による矛盾

開発行為を行うとした場合に道路の負担が必要か否か

評価対象地が「開発許可面積基準」を下回る場合の処理のフロー

開発許可面積基準とは何か?

縄縮みチェック

道路高低差のある土地の評価(10%減)

10%減評価の趣旨

裁決事例から読み解く10%減可否判断基準

基本的な考え方

問題点

「著しい」の基準があいまい

無道路地の評価

利用路線が複数ある場合は?

想定通路をどう伸ばすか 

共有土地の評価単位

共有土地評価単位と建物の関連

縄延び・縄縮み

縄延び・縄縮み裁決事例

評価通達8「実際の面積」とは何か(裁決事例紹介) 

更正業者対策

リスク回避

広大地可能性の判定をしてみる

※東京税理士会には、本会から2時間半申請いたします。
※その他の税理士会、CPEは、本人様から申請をお願い申し上げます。

広大地評価と判断に迷う特殊な土地評価 事例研究

勉強会データ

広大地評価と判断に迷う特殊な土地評価 事例研究

開催日
2020年 9月 22日 (火)
受付  、 時間 
講師
場所
定員
参加費
申込期限
その他

お申込みフォーム

広大地評価と判断に迷う特殊な土地評価 事例研究

==================================================================== 非表示エリア ====================================================================

共通データ

【開催状況】
【録音禁止】 禁止しない 【特別・赤ラベル】 なし
【緑ラベル】 なし 【開催日】 2020年 9月 22日 (火) 【講師名】 【開催時間】 【受付時間】 【会場情報】 【定員】 【申込期限】 【参加費】 【その他補足】
【終了フラグのみ:関連ページURL|URL】

一覧ページ用データ

【タイトル表示オプション:前|テキスト】
【タイトル表示オプション:後|テキスト】
【紹介文|テキストエリア】※改行あり

totop

Copyright c 2020 一般社団法人 法律・税金・経営を学ぶ会 All Rights Reserved.