士業と経営者のネットワーク 一般社団法人 法律・税金・経営を学ぶ会

勉強会

HOME勉強会元国税調査官が教える!贈与税と名義預金と相続税との関係性 名義預金・名義株をどのように考えるか?
9月 23日 (水) 開催

元国税調査官が教える!贈与税と名義預金と相続税との関係性 名義預金・名義株をどのように考えるか?

講師|

作成日:2016年 6月 9日 (木)

勉強会参加者の声

贈与税の契約書は何の役にも立たないことが、よくわかりました。長年、贈与の申告をし、贈与税を支払っていたにも拘らず、相続時に、そのことが無駄な手続きと支払いになっていたことに驚きです」

「名義預金・名義株の定義及び調査、その対応について理解できました」

「大変分かりやすかったです」

「名義株の解約ができるかの所は、なるほど!でした」

「『贈与税の申告をしただけでは、贈与ではない』というご説明と具体例について、社会一般にみられる誤った相続税対策のリスクの大きさが大変勉強になりました」

「名義預金か否かの判断基準の『管理運用』だけでなく、「支配」が重要である、落とし穴を知ることができ、出席して本当によかったです」

非常にわかりやすい講演で定評です。

最新の贈与税の税制改正を掲載したテキスト43ページを使用いたします。

贈与税と名義預金と相続税は密接な関係にあります。貴重な講演です。ぜひお聴きください。

講師は、国税調査官ご出身の武田秀和先生です。


内 容

民法における相続財産とは?

相続税の課税対象財産

名義財産とは、何か?

他人名義の財産

課税庁のスタンス

広報事例

相続税申告書作成時の誤りやすい事例

相続税申告のためのチェックシート

相続税調査における名義財産

名義財産は、調査のターゲット名義財産は、贈与の基本を知らないためにできてしまう

名義財産と相続税は密接不可分である

贈与と贈与税の調査の最近の傾向

名義預金の創出

配偶者名義の預貯金・有価証券を相続財産として認定された事例

贈与税の実地調査は、どうなっているのか?贈与税の課税漏れとならないための税務署の対応

名義預金とはどのようなものか?

贈与したつもり、の預金

名義預金の設定はどうするか?

贈与税の申告があれば、名義預金とならないか?

贈与税の申告を行っていても、実質的な贈与が無かった、とみなされた事例

名義預金の立証が十分になされていないため、相続財産とは認められない事例

被相続人名義で、借入した金員で取得した不動産は、相続財産及び債務と認められた事例

従業員名義のゴルフ会員権が被相続人の財産であると判じた

事例名義預金の判定の事例

名義株とは、どのようなものか?

名義株と贈与株

相続財産としての名義株の重要性

相続税調査における名義株

生前贈与は、隠しても絶対にばれる

調査事例 

※講演内容は、若干の変更、追加がございます。

※東京税理士会には3時間 本会よりまとめて申請します。

※公認会計士(CPE)、その他の税理士会は、本人から自己申請をお願い申し上 げます。

元国税調査官が教える!贈与税と名義預金と相続税との関係性 名義預金・名義株をどのように考えるか?

勉強会データ

元国税調査官が教える!贈与税と名義預金と相続税との関係性 名義預金・名義株をどのように考えるか?

開催日
2020年 9月 23日 (水)
受付  、 時間 
講師
場所
定員
参加費
申込期限
その他

お申込みフォーム

元国税調査官が教える!贈与税と名義預金と相続税との関係性 名義預金・名義株をどのように考えるか?

==================================================================== 非表示エリア ====================================================================

共通データ

【開催状況】
【録音禁止】 禁止しない 【特別・赤ラベル】 なし
【緑ラベル】 なし 【開催日】 2020年 9月 23日 (水) 【講師名】 【開催時間】 【受付時間】 【会場情報】 【定員】 【申込期限】 【参加費】 【その他補足】
【終了フラグのみ:関連ページURL|URL】

一覧ページ用データ

【タイトル表示オプション:前|テキスト】
【タイトル表示オプション:後|テキスト】
【紹介文|テキストエリア】※改行あり

totop

Copyright c 2020 一般社団法人 法律・税金・経営を学ぶ会 All Rights Reserved.