士業と経営者のネットワーク 一般社団法人 法律・税金・経営を学ぶ会

勉強会

HOME勉強会相続税・贈与税における名義預金・名義株の税務判断
9月 21日 (月) 開催

相続税・贈与税における名義預金・名義株の税務判断

講師|

作成日:2016年 4月 26日 (火)

kazaoka.JPG書籍とレジュメ36ページを使用いたします。

税理士法人チェスター 年間相続税申告260件以上の実績から、特に気を付けるべき名義預金と名義株の税務判断を解説します。

実際に経験した申告事例などを解説しますのでDVDはございません。

参加できない方のために、「法律・税金・経営を学ぶ会」会員限定で勉強会欠席者用資料を提供しております。

内 容

相続税の税務調査が行われると8割の方が申告漏れを指摘される

そのうち半分が金融資産

申告漏れの原因は名義預金・名義株

名義預金と名義株が被相続人に帰属するのか、名義人に帰属するのかの判断基準

税理士法人チェスターの経験と裁判例

金融資産が申告漏れとなる理由

名義預金とは何か?

家族名義の財産は?

名義預金に該当するのか判定はどのようにするのか?

名義性預金の判断フローチャート

裁決事例

財産の管理及び運用はどのようなことをいうのか?

妻が専業主婦であった場合、生活余剰金は名義預金か?

子供のための学資や結婚資金は名義預金か?

定期預金利息の帰属が相続人であれば、名義預金とならないか?

原資が被相続人のものであるか否か?

名義人に財産を有するだけの所得があったか?

混同預金のあん分はどのように行うか?

生前贈与と名義預金

暦年贈与の注意点

預貯金は生前贈与されたものか否か?

贈与税課税の適否

親族からの金銭の授受が、借入金か生前贈与か?

借主側の立場

意思能力の無い者による贈与は成立するか?

相続直前に引き出された現金は、相続財産か?

名義預金と重加算税

  1. < font style="font-size: 1.95313em;">名義預金と贈与の関係性

  2. DSC03204.JPG税務調査で指摘される点

  3. 名義預金の計上漏れ

  4. 悪気は無いのに、税務調査で重加算税をかけられることがある

  5. 名義株・・・違う方の名義になっているのに申告する必要があるか?

  6. 税理士法人チェスターが最近行った申告事例

  7. 事例研究

  1. ※東京税理士会には本会よりまとめて申請します。

  2. ※その他の税理士会、公認会計士の方は、ご本人様から自己申請をお願い申し上げます。

相続税・贈与税における名義預金・名義株の税務判断

勉強会データ

相続税・贈与税における名義預金・名義株の税務判断

開催日
2020年 9月 21日 (月)
受付  、 時間 
講師
場所
定員
参加費
申込期限
その他

お申込みフォーム

相続税・贈与税における名義預金・名義株の税務判断

==================================================================== 非表示エリア ====================================================================

共通データ

【開催状況】
【録音禁止】 禁止しない 【特別・赤ラベル】 なし
【緑ラベル】 なし 【開催日】 2020年 9月 21日 (月) 【講師名】 【開催時間】 【受付時間】 【会場情報】 【定員】 【申込期限】 【参加費】 【その他補足】
【終了フラグのみ:関連ページURL|URL】

一覧ページ用データ

【タイトル表示オプション:前|テキスト】
【タイトル表示オプション:後|テキスト】
【紹介文|テキストエリア】※改行あり

totop

Copyright c 2020 一般社団法人 法律・税金・経営を学ぶ会 All Rights Reserved.