士業と経営者のネットワーク 一般社団法人 法律・税金・経営を学ぶ会

勉強会

HOME勉強会相続税対策に重要な小規模宅地等の特例と利用価値が無限に広がる一般社団法人の活用
9月 25日 (金) 開催

相続税対策に重要な小規模宅地等の特例と利用価値が無限に広がる一般社団法人の活用

講師|

作成日:2016年 2月 5日 (金)

勉強会参加者の声
「小規模宅地等の特例の背景、狙いが理解できました」
「大変興味深いテーマでした」
「難しかったけれども、今までに聞いたことのない視点で面白かったです」

会社経営者や資産家の事業承継対策を、現状社会に合わせた着眼点から、新しい事業承継スキームをわかりやすく解説いたします。

資料は50頁です。

難しい小規模宅地等の特例、一般社団法人の新しい活用方法、画期的なノウハウもお聞きできます。

一般社団法人の組み合わせで、さらに利用価値は高まり、活用方法は、無限に広がります。

1度に2つの重要な内容をお聞きできるチャンスです。
ぜひご参加ください。

内 容
前半 小規模宅地等特例と保護法益と立法趣旨とは何か?
同居特例
特定居住用宅地等の基本は同居する親族の保護
生計一特例 生計一親族の概念を位置づけてみよう
家なき子特例 家なき子特例は実家保護を意識した制度
配偶者はなぜ無条件で小規模宅地等の特例が認められるのか?
二世帯住宅の改正 なぜ区分所有登記の有無が問題になるのか
有料老人ホーム入居後の居宅
家業の保護としての事業用宅地の特例
不動産貸付、駐車場用の宅地の特例を位置づけてみれば
特定同族会社事業用宅地は法人なりの保護
小規模宅地等特例を資産税ツールとして活用する
小規模宅地等の特例判定の名ポイントQ&A
小規模宅地等の特例に該当するかどうか、制度趣旨から理解し、判定力を身に付けられるよう多くの事例を用いて解説
税率引き上げ・基礎控除引き下げにより、相続税実務の問題点を理解する

後半 一般社団法人を活用した税金対策と事業承継
一般社団法人・信託とは何か?
社員は複数家族にする
課税関係
法制上と税法上の分類の違い
2階法人の根拠 法人税法
1階法人の法人税は株式会社と同じ
租税回避防止税制 相続税法66条4項
一般社団法人の機関設計
基金とは何か?
具体的な活用事例
事業承継への活用法
資産管理会社としての利用
持ち株会の買取り受け皿として利用
不要な資産のごみ箱として利用
信託と組み合わせる
信託の登場人物は3名
税法は受益者を所有者と考える
事業承継と財産管理を検討してみれば
一般社団法人を活用した税金対策
相続事業承継のツールとしての信託と一般社団法人
経営者や資産家の現状に応じた着眼点と事業承継のスキームを事例に基づき詳細に解説

※講演は、テキストを使用します
※東京税理士会には、本会より申請します
※東京地方・関東信越税理士会、CPEは3時間本人様から自己申請をお願い申し上げます。

相続税対策に重要な小規模宅地等の特例と利用価値が無限に広がる一般社団法人の活用

勉強会データ

相続税対策に重要な小規模宅地等の特例と利用価値が無限に広がる一般社団法人の活用

開催日
2020年 9月 25日 (金)
受付  、 時間 
講師
場所
定員
参加費
申込期限
その他

お申込みフォーム

相続税対策に重要な小規模宅地等の特例と利用価値が無限に広がる一般社団法人の活用

==================================================================== 非表示エリア ====================================================================

共通データ

【開催状況】
【録音禁止】 禁止しない 【特別・赤ラベル】 なし
【緑ラベル】 なし 【開催日】 2020年 9月 25日 (金) 【講師名】 【開催時間】 【受付時間】 【会場情報】 【定員】 【申込期限】 【参加費】 【その他補足】
【終了フラグのみ:関連ページURL|URL】

一覧ページ用データ

【タイトル表示オプション:前|テキスト】
【タイトル表示オプション:後|テキスト】
【紹介文|テキストエリア】※改行あり

totop

Copyright c 2020 一般社団法人 法律・税金・経営を学ぶ会 All Rights Reserved.