士業と経営者のネットワーク 一般社団法人 法律・税金・経営を学ぶ会

勉強会

HOME勉強会判断に迷う海外財産の評価方法と家屋の評価
9月 26日 (土) 開催

判断に迷う海外財産の評価方法と家屋の評価

講師|

作成日:2015年 12月 16日 (水)

勉強会参加者の声
「一般動産の種類は多岐にわたりますが、分かりやすい具体的な事例で良く理解が出来ました」
「大変参考になりました」


元国税調査官の武田先生が、税務調査を意識した海外財産の評価方法と家屋の評価、特殊な権利の評価方法を公開します。

海外資産は、すべて税務当局が把握しています。

申告漏れがあると、必ず税務調査が入ります。

正しい評価と申告を行ってください。

内 容

相続財産の評価にあたっては、特別な定めのある場合を除き、評価通達に定める方式によるのが原則であるが、評価通達によらないことが相当と認められるような事情がある場合には、ほかの合理的な時価の評価方式によることが許される

海外資産は、すべて税務当局が把握している

申告漏れは、必ず税務調査が入る

税務調査を意識した評価方法

最近の調査の傾向と財産評価の傾向

海外資産の評価

外国通貨の評価方法

海外財産を共有した場合の為替相場

国外の不動産の評価方法と実務的対応方法

海外財産を相続後に譲渡した場合の評価

取得価額を元に評価できる場合

譲渡価額を元に評価できる場合

家屋・構築物の評価

タワーマンションの評価方法

固定資産税評価額が付されていない家屋の評価

増改築後の家屋の評価

賃借人が長期不在の場合の家屋の評価

建築中の家屋の評価
営業権の評価方法
特許権の評価方法
商標権の評価方法
最近の財産評価の傾向 

※東京税理士会会員は本会でまとめて申請します。
※東京地方・関東信越税理士会、公認会計士の方は本人様から申請をお願い申し上げます。
※講演内容は時間の関係で全部お話できない場合もございます。

判断に迷う海外財産の評価方法と家屋の評価

勉強会データ

判断に迷う海外財産の評価方法と家屋の評価

開催日
2020年 9月 26日 (土)
受付  、 時間 
講師
場所
定員
参加費
申込期限
その他

お申込みフォーム

判断に迷う海外財産の評価方法と家屋の評価

==================================================================== 非表示エリア ====================================================================

共通データ

【開催状況】
【録音禁止】 禁止しない 【特別・赤ラベル】 なし
【緑ラベル】 なし 【開催日】 2020年 9月 26日 (土) 【講師名】 【開催時間】 【受付時間】 【会場情報】 【定員】 【申込期限】 【参加費】 【その他補足】
【終了フラグのみ:関連ページURL|URL】

一覧ページ用データ

【タイトル表示オプション:前|テキスト】
【タイトル表示オプション:後|テキスト】
【紹介文|テキストエリア】※改行あり

totop

Copyright c 2020 一般社団法人 法律・税金・経営を学ぶ会 All Rights Reserved.