士業と経営者のネットワーク 一般社団法人 法律・税金・経営を学ぶ会

勉強会

HOME勉強会固定資産税は見直せる~ほかの税金との関係性~
9月 23日 (水) 開催

固定資産税は見直せる~ほかの税金との関係性~

講師|

作成日:2015年 7月 2日 (木)

kotei.jpg
勉強会参加者の声
「初めて固定資産税について詳しく聞きました。賦課課税ですが、勉強するとお客様に提案できる論拠があることがわかりました」
「わかりやすい説明でした。ほかの税金との関係性も改めて気づきました」
「レジュメに教科書のページ数が入っているのは助かります。えっと思う固定資産税率の適用例がわかりました」
watanabekouji2.JPG
「大家さんには非常に役に立ちます」
「時間配分も適切で、ポイントを要領よく説明されていた」
「大変参考になりました。これからの仕事に役立てたいと思います」
「固定資産税そのもののみならず、資産にまつわる税金との関係性も整理でき、非常に有意義な講演でした。見識が広がりました」
大家さんでもあり、税理士でもある渡邊浩滋先生に、固定資産税が間違っていると他の税金にも影響を及ぼすことを解説いただきました。
内 容
  1. 固定資産税が間違っていると、ほかの税金にも影響が出る・・・相続税・都市計画税・登録免許税・不動産取得税
  2. 固定資産税を見直す9つのアプローチ
  3. 住宅用軽減特例
  4. 農地軽減措置
  5. 現況評価
  6. 適正評価
  7. 賦課期日評価
  8. 用途非課税
  9. 家屋・償却資産分離課税
  10. 建物に課される固定資産税を見直す方法
  11. 課税明細書の見方
  12. 見逃しがちな課税の仕組み
  13. 間違いが生じる可能性
  14. 課税誤りの多いケース
  15. 役所への交渉・申請方法
    ※講演内容は、多少の追記、お話できない内容もございます。
    ※東京税理士会会員は本会よりまとめて申請します。
    ※東京地方・関東信越税理士会、公認会計士、TKC会員は2時間30分自己申請をお願い申し上げます。
講師プロフィール
明治大学法学部卒業。税理士、司法書士
実家の大家業を引き継ぎ、空室対策や経営改善に取り組む。
大家兼税理士として悩める大家さんの良き相談役となるべく、不動産相続税務専門の税理士法人に勤務。2011年、税理士・司法書士渡邊浩滋総合事務所を設立。

固定資産税は見直せる~ほかの税金との関係性~

勉強会データ

固定資産税は見直せる~ほかの税金との関係性~

開催日
2020年 9月 23日 (水)
受付  、 時間 
講師
場所
定員
参加費
申込期限
その他

お申込みフォーム

固定資産税は見直せる~ほかの税金との関係性~

==================================================================== 非表示エリア ====================================================================

共通データ

【開催状況】
【録音禁止】 禁止しない 【特別・赤ラベル】 なし
【緑ラベル】 なし 【開催日】 2020年 9月 23日 (水) 【講師名】 【開催時間】 【受付時間】 【会場情報】 【定員】 【申込期限】 【参加費】 【その他補足】
【終了フラグのみ:関連ページURL|URL】

一覧ページ用データ

【タイトル表示オプション:前|テキスト】
【タイトル表示オプション:後|テキスト】
【紹介文|テキストエリア】※改行あり

totop

Copyright c 2020 一般社団法人 法律・税金・経営を学ぶ会 All Rights Reserved.