士業と経営者のネットワーク 一般社団法人 法律・税金・経営を学ぶ会

勉強会

HOME勉強会会社法改正に連動して注意が必要 一般法人・公益法人スキームの落し穴
9月 21日 (月) 開催

会社法改正に連動して注意が必要 一般法人・公益法人スキームの落し穴

講師|

作成日:2015年 5月 15日 (金)

umemoto.JPG

勉強会参加者の声
「一般の会社と一般法人・公益法人の役員の責任の違いがよくわかりました」
「公益法人を解説したセミナーがほとんどない中で、参考になりました」
会社法改正に連動し、一般法人・公益法人の法改正にも注意が必要です。

その仕組みと落し穴について、この分野に詳しい弁護士の梅本先生に解説いただきます。資料30ページと書籍を使用します。

内 容

  1. 一般社団法人のスキームと落し穴
  2. 会社法に連動して、一般法人・公益法人が改正される理由
  3. 公益法人制度改革の経緯
  4. 公益法人・一般法人とは?
  5. 重くなっている役員の責任
  6. 行政による監督
  7. 天下り先として利用されてきた公益法人コンプライアンスの見直し
  8. 公益法人とNPO法人の仕組みは、実は似ている
  9. 理事・幹事の責任と役割
  10. 評議員の位置づけと役割
  11. 社団法人、財団法人の仕組み
  12. 公益法人と一般法人の違い(税務上の扱い、財務上の規制、情報開示)
  13. スキームを利用する人が増えると法改正が厳しくなる
  14. 役員の責任強化の背景
  15. 法改正の内容
  16. 善管注意義務違反とは?
  17. 「責任を負う」ことの具体的意味
  18. 社員代表訴訟について
  19. 事例解説
  20. 行政庁への申請と届出
  21. 理事会の役割
  22. 退任後の役員の責任
  23. 今後のあり方
    ※講演内容は、法改正により、多少の追記変更もございます。
  24. ※東京税理士会会員は本会よりまとめて自己申請します
  25. ※東京地方・関東信越税理士会、公認会計士、TKC会員はご本人から2時間30分自己申請をお願い申し上げます。

会社法改正に連動して注意が必要 一般法人・公益法人スキームの落し穴

勉強会データ

会社法改正に連動して注意が必要 一般法人・公益法人スキームの落し穴

開催日
2020年 9月 21日 (月)
受付  、 時間 
講師
場所
定員
参加費
申込期限
その他

お申込みフォーム

会社法改正に連動して注意が必要 一般法人・公益法人スキームの落し穴

==================================================================== 非表示エリア ====================================================================

共通データ

【開催状況】
【録音禁止】 禁止しない 【特別・赤ラベル】 なし
【緑ラベル】 なし 【開催日】 2020年 9月 21日 (月) 【講師名】 【開催時間】 【受付時間】 【会場情報】 【定員】 【申込期限】 【参加費】 【その他補足】
【終了フラグのみ:関連ページURL|URL】

一覧ページ用データ

【タイトル表示オプション:前|テキスト】
【タイトル表示オプション:後|テキスト】
【紹介文|テキストエリア】※改行あり

totop

Copyright c 2020 一般社団法人 法律・税金・経営を学ぶ会 All Rights Reserved.