士業と経営者のネットワーク 一般社団法人 法律・税金・経営を学ぶ会

勉強会

HOME勉強会相続税がグンと下がる 広大地評価のリスクと落し穴
9月 23日 (水) 開催

相続税がグンと下がる 広大地評価のリスクと落し穴

講師|

作成日:2015年 2月 3日 (火)

miyata2.JPG

勉強会参加者の声

「いつもわかりやすい説明ありがとうございました」
「レベル高かったです」
「具体的で気づかされたポイントがたくさんありました」
「図・写真が豊富で、広大地の条件を理解できました。広大地の判定も周りの環境変化で判定が変わることがわかりました」
「有効使用と活用の違い勉強になりました」
「写真が多くあったため、イメージがわきやすくわかりやすかったです」

「理解があいまいだった有効利用と有効使用について理解することができて良かった」評価が認められれば、税金がグンと下がる広大地評価。

その評価における判断と、現場写真を使用して、具体事例・リスク・誤りやすいポイントを解説します。

プロジェクターの画像や図が中心で、資料に掲載できない内容が多くなりますので、必ずご参加ください。資料は図解説76ページと別紙24ページ 2部使用します。

平成27年1月1日以降の相続税増税に対応できます!
DVDはございません

内 容

  1. 相続税がグンと下がる広大地の概要と評価の判定要素
  2. 財産評価基本通達7(土地の評価上の区分)解説
  3. 財産評価基本通達24-4 広大地評価
  4. 財産評価基本通達の一部改正について
  5. 広大地の範囲
  6. 広大な市街地農地等、市街地山林および市街地原野の適用について
  7. 広大地補正率と通達上の各種補正率の適用関係
  8. マンション適地の判断
  9. 広大地判定フローチャート
  10. 広大地の判定にあたり留意すべき事項
  11. 現に宅地として有効利用されている建築物等の敷地
  12. 写真や図を用いた解説
  13. 広大地評価で間違いやすいポイント
  14. 土地の評価単位と広大地評価
  15. 倍率地域における広大地の評価上の留意点
  16. 広大地評価のリスクと見えない落とし穴
  17. 広大地評価の生前における対策事例と相続開始後の対策事例
  18. 市街地調整区域内の土地に係る広大地の評価について
  19. 広大地評価の面積基準のイメージ
  20. 著しく地積が広大であるかどうかの判断
  21. 市街化調整区域内における広大地の評価の可否
  22. 広大地評価における「中高層の集合住宅等」の範囲
  23. 公共公益的施設用地の負担の要否
    ※公認会計士協会、東京地方・関東信越税理士会員様は、自己申請 3時間出来ます。

講師プロフィール

  1. 平成13年 税理士登録 資産税専門の税理士法人に勤務
  2. 平成24年 独立開業
  3. 書籍「広大地の評価税務Q&A」共著中央経済社

相続税がグンと下がる 広大地評価のリスクと落し穴

勉強会データ

相続税がグンと下がる 広大地評価のリスクと落し穴

開催日
2020年 9月 23日 (水)
受付  、 時間 
講師
場所
定員
参加費
申込期限
その他

お申込みフォーム

相続税がグンと下がる 広大地評価のリスクと落し穴

==================================================================== 非表示エリア ====================================================================

共通データ

【開催状況】
【録音禁止】 禁止しない 【特別・赤ラベル】 なし
【緑ラベル】 なし 【開催日】 2020年 9月 23日 (水) 【講師名】 【開催時間】 【受付時間】 【会場情報】 【定員】 【申込期限】 【参加費】 【その他補足】
【終了フラグのみ:関連ページURL|URL】

一覧ページ用データ

【タイトル表示オプション:前|テキスト】
【タイトル表示オプション:後|テキスト】
【紹介文|テキストエリア】※改行あり

totop

Copyright c 2020 一般社団法人 法律・税金・経営を学ぶ会 All Rights Reserved.