士業と経営者のネットワーク 一般社団法人 法律・税金・経営を学ぶ会

勉強会

HOME勉強会相続税増税に向けて不動産所有者が行うべき対応策/敷金問題について
8月 10日 (月) 開催

相続税増税に向けて不動産所有者が行うべき対応策/敷金問題について

講師|

作成日:2014年 12月 24日 (水)

DSC02068.JPG

勉強会参加者の声
「不動産管理で、東京と大阪の違いが分かりました。家主の権利・責任が分かりました」

「大変満足した」

「法律的に非常にわかりやすく明瞭にご教示いただきよく整理が出来ました。参加して本当に良かったです」

「わかっているつもりのことも、説明いただき整理がつきました」

平成27年1月1日から相続税が増税となります。
具体的に行動を起こしたいのに、現実には、痴ほう症や認知症の問題を抱えている、不動産の整理が出来ていない、契約書の不備など、問題山積みのご家庭もあります。
節税の前に、具体的行動を起こさなければいけない対応策を公開致します。
年末年始目前に、家族で話し合うべきことをぜひご確認ください。
民法改正となる敷金についても詳しく学ぶことが出来ます。
DVDはございません。ぜひ会場までお越しください。

内 容

  1. 不動産登記簿謄本を見てみましょう
  2. 登記が漏れていませんか?
  3. 古い担保権が残っていませんか?
  4. 境界がはっきりしていますか?
  5. もっている不動産のたな卸をしましょう
  6. 賃貸借契約や借地契約の契約書はありますか?
  7. 名義が誰になっているかご存知ですか?
  8. 建て替え・立ち退き案件の問題解決
  9. 持ち続けるのか売却するか?
  10. 個人のまま所有が良いか?法人にすべきか?
  11. 空室や更新の時にどうするか?
  12. 絶対に失敗する建て替え
  13. 不動産業者の立ち退き交渉 
  14. 成年後見制度の活用
  15. 財産管理
  16. 認知症の方がいる場合の不動産の対応策
  17. 賃借人の立ち退き・物件の建て替えの問題解決
  18. 家族で話合うべきこと
  19. 遺言書の作成
  20. 登記、測量、契約書
  21. 家主が知っておくべき法律知識
  22. 賃借人が室内で自殺した場合
  23. 室内でのガス事故
  24. 更新後の連帯保証人の責任
  25. 賃借人同士のトラブル
  26. 近年の賃貸トラブル事例と解決方法
  27. 賃借人が騒音で近隣に迷惑をかけた場合
  28. 家主には造作買取請求がなされた場合、買い取り義務がある
  29. 民法改正となる敷金について
  30. 登記上、問題のある事例
    ※講演内容は、多少の追記、変更等ある場合もございます。

相続税増税に向けて不動産所有者が行うべき対応策/敷金問題について

勉強会データ

相続税増税に向けて不動産所有者が行うべき対応策/敷金問題について

開催日
2020年 8月 10日 (月)
受付  、 時間 
講師
場所
定員
参加費
申込期限
その他

お申込みフォーム

相続税増税に向けて不動産所有者が行うべき対応策/敷金問題について

==================================================================== 非表示エリア ====================================================================

共通データ

【開催状況】
【録音禁止】 禁止しない 【特別・赤ラベル】 なし
【緑ラベル】 なし 【開催日】 2020年 8月 10日 (月) 【講師名】 【開催時間】 【受付時間】 【会場情報】 【定員】 【申込期限】 【参加費】 【その他補足】
【終了フラグのみ:関連ページURL|URL】

一覧ページ用データ

【タイトル表示オプション:前|テキスト】
【タイトル表示オプション:後|テキスト】
【紹介文|テキストエリア】※改行あり

totop

Copyright c 2020 一般社団法人 法律・税金・経営を学ぶ会 All Rights Reserved.