士業と経営者のネットワーク 一般社団法人 法律・税金・経営を学ぶ会

勉強会

HOME勉強会税制改正対応 確定申告前に確認しておきたい譲渡所得
8月 6日 (木) 開催

税制改正対応 確定申告前に確認しておきたい譲渡所得

講師|

作成日:2015年 2月 13日 (金)

004.JPGのサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像参加者の声
「実務にて誤りやすい事例を紹介いただき、とても参考になった」
「わかりやすい説明でした。また機会がありましたら講座に参加したいです」
「基本的な部分から説明していただき、大変理解しやすく勉強になりました」

「過去の譲渡の情報は、かなり改訂されていることがわかりました」
「図解が多くわかりやすかった」
近年は、譲渡の件数と相談・申告が非常に増えています。
譲渡所得は、所得税の基本から措置法の特例まで様々な取扱いがあります。
居住用財産の譲渡だけでも、特例が6種類もあります。

DSC02638.JPG

確定申告前に、土地建物の難しい譲渡申告について、基本から特例の適用まで納得いただける解説をいたします。

税制改正対応、取得費等の変更を含めた書籍「土地建物の譲渡所得Q&A 改定版」税務経理協会を使用します(平成27年2月)。

確定申告前にご参加いただき、ご確認ください。

内 容

  1. 土地建物の譲渡所得・調査の概要
  2. 譲渡所得は、非常に難解
  3. 譲渡所得の申告の近年の動向
  4. 譲渡所得の基本
  5. 譲渡所得にはどのようなものがあるか?
  6. 所得税法と措置法の取り扱いの相違は何か?
  7. 資産の取得日および譲渡の日とは、いつのことを言うのか?
  8. 取得費はどこまで認められるか?
  9. 税制改正対応 取得費の改正
  10. 取得費が判然としない場合は、どうするか?
  11. 譲渡費用はどのようなものがあるか?
  12. 等価交換と時価の考え方
  13. 会社の保証人となっていた場合の保証債務特例のポイント
  14. 相続財産を譲渡した場合の取得費の取り扱いの改正のポイント
  15. 居住用財産の特例を適用する場合のポイント
  16. 事業用資産の買換え特例と適用する場合のポイント
  17. 収用の5,000万円特別控除と代替の特例の区分とそのポイント
  18. 間違いやすい特例の具体例
  19. 確定申告後にトラブルになるケース
  20. 適用事例の多いケース
  21. 特例適用が認められなかった事例

税制改正対応 確定申告前に確認しておきたい譲渡所得

勉強会データ

税制改正対応 確定申告前に確認しておきたい譲渡所得

開催日
2020年 8月 6日 (木)
受付  、 時間 
講師
場所
定員
参加費
申込期限
その他

お申込みフォーム

税制改正対応 確定申告前に確認しておきたい譲渡所得

==================================================================== 非表示エリア ====================================================================

共通データ

【開催状況】
【録音禁止】 禁止しない 【特別・赤ラベル】 なし
【緑ラベル】 なし 【開催日】 2020年 8月 6日 (木) 【講師名】 【開催時間】 【受付時間】 【会場情報】 【定員】 【申込期限】 【参加費】 【その他補足】
【終了フラグのみ:関連ページURL|URL】

一覧ページ用データ

【タイトル表示オプション:前|テキスト】
【タイトル表示オプション:後|テキスト】
【紹介文|テキストエリア】※改行あり

totop

Copyright c 2020 一般社団法人 法律・税金・経営を学ぶ会 All Rights Reserved.