士業と経営者のネットワーク 一般社団法人 法律・税金・経営を学ぶ会

勉強会

HOME勉強会税務調査を意識した相続税申告と調査の対応
8月 10日 (月) 開催

税務調査を意識した相続税申告と調査の対応

講師|

作成日:2015年 1月 14日 (水)

DSC02577.JPG

国税局資産税課ご出身の渡邉正則先生から、税務調査を意識した相続税申告書の作成方法を公開いただきます。

勉強会参加者の声

「相続税調査のポイントに理解が深まりました」
「名義預金に係る説明が非常にわかりやすく理解が深まりました」

「裁決、判例等の案内が多く、充実していた」
「ケースが多く充実、ほかのセミナーにないレベルの高さ」

「名義預金の考え方など、すごくわかりやすく良かったです。対策で考えられると思いました」

調査が来て、1日時間がとられる前に、事前に確認しておきましょう。
文章にしてお渡しできない内容が中心です。ぜひ会場までお越しください。
わかりやすい図解説や事例解説中心です。
受付で、支部名、登録番号を記載ください。東京税理士会に3時間研修申請いたします。
DVDはございません。

内 容

  1. 税務調査の概要とポイント
  2. 税務調査が入りにくい申告書と、入りやすい申告書の違い
  3. 税務調査は、どのように選定されるか?
  4. 添付資料は、たくさん付けたほうが良いのか?
  5. 調査を意識しながら、申告書を作成することの重要性
  6. 調査の対応と留意点
  7. 過少申告加算税と重加算税の判断基準
  8. 重加算税を受けた場合、配偶者の税額軽減が適用できない、というリスク
  9. 税務調査の結果により、お客様に及ぼす影響
  10. 相続税対策の段階で気を付けることにより、調査を軽減できる
  11. 相続開始前に税務署へ提出している資料は注意が必要(土地の無償返還の届出、借地権者の地位に変更がない旨の届出、精算課税適用の届出他)
  12. 名義預金(名義株)等の裁決・判決事例解説と調査時の対応
    (1)税務調査により名義預金(名義株)と認定されたケース(相続財産に加算)
    (2)税務調査により名義預金(名義株)ではなく、過去に贈与済みの財産と認定されたケース(相続財産には該当せず)
    (3)税務調査により名義預金(名義株)ではなく、過去に贈与済みの財産と認定されたが相続開始3年以内のため相続財産に加算されたケース
    (4)名義預金(名義株)か否かの立証責任は誰にあるか
    (5)裁決・判決を踏まえて名義預金(名義株)か否かを判断する上でのポイントに認定される事例

 

税務調査を意識した相続税申告と調査の対応

勉強会データ

税務調査を意識した相続税申告と調査の対応

開催日
2020年 8月 10日 (月)
受付  、 時間 
講師
場所
定員
参加費
申込期限
その他

お申込みフォーム

税務調査を意識した相続税申告と調査の対応

==================================================================== 非表示エリア ====================================================================

共通データ

【開催状況】
【録音禁止】 禁止しない 【特別・赤ラベル】 なし
【緑ラベル】 なし 【開催日】 2020年 8月 10日 (月) 【講師名】 【開催時間】 【受付時間】 【会場情報】 【定員】 【申込期限】 【参加費】 【その他補足】
【終了フラグのみ:関連ページURL|URL】

一覧ページ用データ

【タイトル表示オプション:前|テキスト】
【タイトル表示オプション:後|テキスト】
【紹介文|テキストエリア】※改行あり

totop

Copyright c 2020 一般社団法人 法律・税金・経営を学ぶ会 All Rights Reserved.