士業と経営者のネットワーク 一般社団法人 法律・税金・経営を学ぶ会

勉強会

HOME勉強会相続オールマスター講座4期生
8月 10日 (月) 開催

相続オールマスター講座4期生

講師|

作成日:2014年 10月 15日 (水)

第1回参加者の声
「ノウハウをたくさん公開していただき、とても参考になりました」
「清田先生の実務に即した話は、迫力がありました」
「良かったです」
「件数を多くやられていて、実務の面で具体的にわかりやすかった」

DSC02367.JPG「清田先生の経験に基づく話大変参考になりました。多くの案件をこなされたからのノウハウ、相続税関係のビジネスのやり方など良い話が聞けました」

okita3.JPG第2回参加者の声
「大変参考になりました。復習し、実務に役立てます」
「事例が多く、非常に理解が深まりました」
「市街化調整区域については、複雑すぎて無知でしたが、雑種地を含め、ゴルフ場等の事例の説明があり、税法を含め全体像が明確になりました」
「市街化調整区域の雑種地は、判断で迷うことがあるので、とても勉強になりました」
第3回参加者の声
「遺言書、信託についての理解が深まりました」
「とてもわかりやすく大変勉強になりました」
「信託についていろいろ考えさせられることがありました」
「遺贈 相続させる 借入債務負担、予備的遺言、遺言に家族への思いを書く、重要な点を教えていただきました」
「遺言書、分割協議書について実務でやっていて間違えやすい点を確認できました」

第4回参加者の声
「財産評価基本通達の考え方が勉強になった。小規模宅地等特例の適用は難しいので、慎重に検討する必要があることを認識した」
「根っこの部分のお話、広大地と、小規模宅地等特例いずれも深いお話大変勉強になりました」
「良かったです。ありがとうございました」
「小規模宅地等特例は奥が深いですね。親族、老人ホーム、特定事業を学びました」
「改訂のつど、精密に非常にわかりやすくなり、大変勉強になりました」
「小規模宅地等特例について、改正点も含め、理解が深まりました」
 延、170名の受講者となりました。
参加者には、勉強会の内容と時間を記した修了証を差し上げます。公認会計士協会、税理士会・TKC全国会の研修申請にお役立てください(所属の会に確認・申請をお願いします)。すべて水曜日14時から17時です。

10/15(水)  第1回 「誤解の多い相続税対策 所得税、贈与税、法人税との関連性」清田幸弘氏(相続税申告 年200件 ランドマーク税理士法人代表 税理士) ビデオ撮影はございません

  1. 間違った相続税対策の事例
  2. アパート建築で相続税の節税
  3. 土地の評価減
  4. 家屋の評価減
  5. 地主の「法人なり」の注意点
  6. 失敗している不動産管理法人
  7. 物件建築で節税になる仕組み
  8. 個人の名義で物件を建築した場合
  9. 法人の名義で物件を建築した場合
  10. 法人へ売却した場合の評価額圧縮の仕組み
  11. 物件が法人所有の場合の土地の評価減
  12. 土地評価の見直しで相続税を還付
  13. 評価に差が生じやすい土地
  14. 土地評価の事例
  15. 広大地とは?
  16. 公共公益的施設用地の負担とは?
  17. 土地の形状からの判断基準
  18. 市街地にある山林の評価
  19. 土地の評価単位の取り方で税額が変わる
  20. 相続税対策を行うには、所得税、贈与税、法人税との関連性をよく知ること
  21. 同族間の取引・売買、法人名義・個人名義の判断時に十分気を付けること
  22. 全体の税金のバランスを見ないと、節税になっていないことがある

10/22(水) 第2回 「判断に迷う土地評価事例 意外に知らない調整区域内の土地の評価」沖田豊明氏(不動産鑑定士・税理士)ビデオ撮影はございません

  1. 判断に迷う土地評価事例
  2. 市街化調整区域内の土地評価のポイント
  3. 市街化調整区域内の農地および山林の評価
  4. 事例と評価方法
  5. 農業用施設用地について
  6. 市街化調整区域内の開発許可制度
  7. 許可が必要な開発行為
  8. 第26号 線引時宅地
  9. 市街化調整区域内における主な宅地の分類および法的規制の違い
  10. 固定資産税の評価方法
  11. 宅地の分類と評価方法との関連
  12. 資材置き場として貸している場合
  13. 市街化調整区域内の雑種地の価格形成要因
  14. 比準地目と評価方法との関係
  15. 都市計画法34条の開発許可としんしゃく割合の関係
  16. 具体的評価事例
  17. 雑種地の評価
  18. 特殊な土地の評価
  19. 不動産鑑定士・税理士両方の立場から見る評価方法

fukasiro.jpg

11/5(水) 第3回 「土地信託を活用した相続税対策と遺言の活用」深代勝美氏(相続税申告 年100件 公認会計士・税理士)ビデオ撮影はございません

  1. 土地信託を活用した相続税対策事例
  2. 信託銀行の遺言信託業務を理解する
  3. 信託銀行の遺言信託報酬
  4. 遺言信託の流れ
  5. 信託と遺言との併用
  6. 信託受益権とは?
  7. 遺言の種類とその効果
  8. 税理士は遺言執行人となれるか?
  9. 遺言執行人就任通知書 雛形
  10. 会計事務所はどこまでアドバイスできるか?
  11. そのほか事例研究
    ※平成26年9月26日出版書籍を使用します。
    「相続税贈与税Q&A」深代勝美氏 編書

11/12(水) 第4回 「まだ誰も話たことがない相続の評価の基本とグレードアップした小規模宅地等特例の活用」高橋安志氏(税理士) ビデオ撮影はございません

  1. まだ誰も話たことがない相続の評価の基本
  2. グレードアップした小規模宅地等特例
  3. まだ下げられる小規模宅地等特例を活用した相続税申告の事例
  4. 特例を使用した場合と使用しない場合の税金の違い
  5. 誤解の多い改正内容の解釈
  6. 老人ホームの事例
  7. 二世帯住宅の事例
  8. 家なき子の事例
    ※平成26年11月出版書籍「小規模宅地等特例」ぎょうせい を使用

11/19(水) 第5回 「元国税調査官が教える相続調査実態から見る申告書作成」武田秀和氏(元国税局勤務30年 税理士) 欠席の場合のDVD割引

  1. 提出された申告書の3割は調査が入る実態
  2. 調査が入りやすい申告書とは?
  3. 財産評価のポイント
  4. 間違いのない申告書の作成方法
  5. 調査官への適切な対応方法
  6. 相続税調査をスムーズに進めるノウハウ
    ※書籍「元国税調査官が教える税務調査実態からみる申告書作成テクニック」を使用します。

相続オールマスター講座4期生

勉強会データ

相続オールマスター講座4期生

開催日
2020年 8月 10日 (月)
受付  、 時間 
講師
場所
定員
参加費
申込期限
その他

お申込みフォーム

相続オールマスター講座4期生

==================================================================== 非表示エリア ====================================================================

共通データ

【開催状況】
【録音禁止】 禁止しない 【特別・赤ラベル】 なし
【緑ラベル】 なし 【開催日】 2020年 8月 10日 (月) 【講師名】 【開催時間】 【受付時間】 【会場情報】 【定員】 【申込期限】 【参加費】 【その他補足】
【終了フラグのみ:関連ページURL|URL】

一覧ページ用データ

【タイトル表示オプション:前|テキスト】
【タイトル表示オプション:後|テキスト】
【紹介文|テキストエリア】※改行あり

totop

Copyright c 2020 一般社団法人 法律・税金・経営を学ぶ会 All Rights Reserved.