士業と経営者のネットワーク 一般社団法人 法律・税金・経営を学ぶ会

勉強会

HOME勉強会誤解・間違った解釈が多い改正された小規模宅地等の特例
9月 23日 (水) 開催

誤解・間違った解釈が多い改正された小規模宅地等の特例

講師|

作成日:2014年 3月 19日 (水)

takahasi.JPG勉強会参加者の声
「通達のこまかい部分まで解説があり、大変勉強になりました」

「二世帯住宅、老人ホームへ入居した場合、家なき子、親族の取り扱いが大きく変わったことがわかりました」

「むずかしい条文ですが、ある程度整理できました。」

「小規模の適用について迷う事例が多いため、参考になりました」

11月迄に出版された小規模宅地特例の本は、改正通達が公表(12/6公表)されていなかったため、不完全な内容になっています。
以下の3点で大変な誤解が生じています(ほとんどの税理士が誤解しています。税理士の前で講演した先生も間違えています)。
(1)老人ホームに入居後 死亡した場合の勘違い
①空き家となった自宅の取扱い(平成25年以前に死亡した場合と、平成26年以降に死亡した場合の違い)
②留守家族の自宅の取扱い(平成25年以前に死亡した場合と、平成26年以降に死亡した場合の違い)
③要介護または要支援の判定時期(平成25年以前に死亡した場合と、平成26年以降に死亡した場合の違い)
④終身利用権または所有権を取得している場合(平成25年以前に死亡した場合と、平成26年以降に死亡した場合の違い)

(2)完全分離型二世帯住宅等に対する勘違い
①被相続人と同居していた配偶者が取得した場合(平成25年以前に死亡した場合と、平成26年以降に死亡した場合の違い)
②被相続人と別居(一棟の建物)していた親族が取得した場合(平成25年以前に死亡した場合と、平成26年以降に死亡した場合の違い)

(3)家なき子に対する勘違い(平成25年以前に死亡した場合と、平成26年以降に死亡した場合の違い)
内 容

  1. 税制改正の概要
  2. 誤解の多い改正の解釈に関する文章や書籍の例
  3. 特例の対象となる宅地等の判断の仕方
  4. 小規模宅地等と広大地評価の関係
  5. 特例適用宅地等が複数ある場合
  6. 私道部分の取り扱い
  7. 贈与により取得した宅地等の取扱い
  8. 老人ホームの入居
  9. 更正の請求と小規模宅地等の特例

誤解・間違った解釈が多い改正された小規模宅地等の特例

勉強会データ

誤解・間違った解釈が多い改正された小規模宅地等の特例

開催日
2020年 9月 23日 (水)
受付  、 時間 
講師
場所
定員
参加費
申込期限
その他

お申込みフォーム

誤解・間違った解釈が多い改正された小規模宅地等の特例

==================================================================== 非表示エリア ====================================================================

共通データ

【開催状況】
【録音禁止】 禁止しない 【特別・赤ラベル】 なし
【緑ラベル】 なし 【開催日】 2020年 9月 23日 (水) 【講師名】 【開催時間】 【受付時間】 【会場情報】 【定員】 【申込期限】 【参加費】 【その他補足】
【終了フラグのみ:関連ページURL|URL】

一覧ページ用データ

【タイトル表示オプション:前|テキスト】
【タイトル表示オプション:後|テキスト】
【紹介文|テキストエリア】※改行あり

totop

Copyright c 2020 一般社団法人 法律・税金・経営を学ぶ会 All Rights Reserved.